fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

小田島・六本木店
9月4日、道草さん、ギルさん、店主の3名で、ワインと和食で有名な小田島・六本木店さん(東京)に行ってきました。
20:00から約3時間、コ-ス料理とワインを堪能してきました。
当日飲んだワインは

①97年 パイパ-・エイドシック・レゼルブ
②98年 スミス・オ-・ラフィット(白)
③97年 シャサ-ニュ・モンラっシェ・レ・ショ-ム・ラモネ
④99年 マコン・ミュリ-・コント・ラフォン
⑤98年 シャト-・バロ-・ソ-テルヌ
⑥99年 サン・ロマン・ス-・ロック・ドメ-ヌ・シャルトネイ
⑦96年 プリュ-レ・ロック・ニュイ・サン・ジョルジュ・クロ・デ・コルヴェ

⑦はフル・ボトルで、他は全てグラスで頂きました。(グラス・ワインの充実ぶり
がとてもウレシイ)。
最後には、ムッシュ小田島のお嬢さんから白のブラインドまで出題され、我々3名
頭をひねって考えましたがとうとう降参。
正解はジュラのサヴァニャン(!)でした。
料理、サ-ヴィス、雰囲気の3つが高い水準でバランスされた名店とお見受けいたしました。
もう一度行きたくなるお店ですね。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wine1956.blog47.fc2.com/tb.php/225-c4df4f21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小田島 おだじま(割烹)

「小田島 おだじま(割烹)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年8月20日収集分= ... ブログで情報収集!Blog-Headline/wine/【2006/08/21 15:51】