fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ヴァンファン ツカモト 2018年4月ワイン会(第179回) 報告
2018年4月21日(土)「ATO」様(@静岡市葵区紺屋町)を会場に、当店4月ワイン会(第179回)を開催。今回のテーマは「シャトー・ラ・ラギューヌ垂直」です。オー・メドック3級のラギューヌを取り上げるのは今回が初めて。1979年が生きているかどうか、ドキドキものでしたが、果たして?

「ワイン・メニュー」

1)90年 ドラピエ・カルト・ドール・ブリュット(シャンパーニュ・白) @16,700円

鈍い輝きのあるゴールドイエロー。持続性のある、とても細かい泡。白いキノコ、リキュール、シェリーの香りがグラスに広がる。ボリュームのある分厚い酸が舌を覆い尽くす。若い時には、さぞ酸っぱいワインであったろうと思わせる。28年の熟成を経て、固かった液体は芳醇な魂のワインへと変貌。同じワインを3年前の当店ワイン会で飲んでいますが、その時の印象は、かなり酸化が進み、色調もオレンジが強かったのですが、今回のボトルは極めて健全でした。やはり飲まなきゃ分からないのがオールド・ヴィンテージですね。

2)14年 R・ド・リューセック(ボルドー・白) @3,600円

セミヨン68%、ソーヴィニョン・ブラン32%。輝きのある淡いイエロー。香りの立ちはかなり控えめ。かすかにソーヴィニョンのヒントが感じられる程度。後からタル香がほのかに出現。口中で渋み。アフターに心地よい苦み。酸は中程度で、軽いソースの料理が欲しくなる白。

3)14年 ヴァランドロー・ブラン(ボルドー・白) @8,500円

ソーヴィニョン・ブラン50%、セミヨン35%、ソーヴィニョン・グリ15%。テリのある濃い目のイエロー。ミネラル、新樽の香り、白い花。酸味と渋みの波状攻撃!。時間経過で「みかん缶詰のシロップ」的な香りが出現。ヴァリュー・フォー・マネーを考えると、如何なものか?

4)07年 シャトー・ラ・ラギューヌ(メドック・3級・赤) @10,200円

エッジまでしっかり色が入った紫がかったガーネット。土、鉄、タル、杉、血。スケールの大きさは無いが、タンニンと酸が程よくこなれて「これって、いいかも!」。とりあえずボルドー、という時にオススメ(^^;)。

5)05年 シャトー・ラ・ラギューヌ(メドック・3級・赤) @18,200円

深みのある、少し熟成が入った濃い目のガーネット。上品なタル香。土、鉄、血、ミント。柔らかで滑かなタンニンと、心地よい酸。バランスの良さが光る佳品。もう少し安ければ・・・。

6)00年 シャトー・ラ・ラギューヌ(メドック・3級・赤) @16,200円

輝きとテリのある、淡いガーネット(4本の中で一番淡い色調)。土、鉄。タンニンがシルキーで滑らか。とても軽く、優しい味わい。ボサノバ(イパネマの娘)が似合うワイン。

7)79年 シャトー・ラ・ラギューヌ(メドック・3級・赤) @16,800円

エッジまで色が入ったオレンジがかった明るいガーネット。サビ、腐葉土。タンニンと酸がこなれた丸く、大人な味わい。全く健全な熟成を遂げた佳品でした。

8)??年 赤ワイン(??)

参加者が9名となったので、赤のブラインドを追加。正解は「2004年 バローロ・エリオ・アルターレ」。参加者の回答は・・・。
国名 : フランス5名、アルゼンチン1名、南アフリカ1名、棄権1名。
品種 : カベルネ・ソーヴィニョン5名、マルベック1名、メルロー1名、ピノ・ノワール1名。
年号 : 16年1名、15年2名、11年1名、10年1名、07年1名、00年2名。

色調はかなり濃い目のガーネット。香りは黒い果実、ややスパイシー。味わいはヴォリューム感のある豊かなタンニンと若い酸?色調からはこれがネッビオーロだとはとても判断出来ず。味わいもパワフルでスパルタン。バローロ・ボーイズ、恐るべし!。

本日のワイン
IMG_2577.jpg
生雲丹 人参 コンソメゼリー
IMG_2579.jpg
十勝産豚のフロマージュテットのパートブリック包み焼き あさりのマリニエールソース
IMG_2580.jpg
天然真鯛のポワレ 赤ワインソース
IMG_2581.jpg
富士宮産 鹿肉のロースト ジビエソース
IMG_2582.jpg








スポンサーサイト



シャトー・マルス「穂坂ワイナリー」見学会に参加
2018年4月19日(木)山梨県韮崎市に昨年11月竣工したシャトー・マルス「穂坂ワイナリー」と「日之城農場」の見学会に、妻と2人で参加させていただきました。前日の雨も上がって、快晴に恵まれ、内容の濃い見学会となりました。グラヴィティー・システム(土地の傾斜を利用した醸造設備の配置)を導入した、最新鋭のワイナリー。隣接してビジター棟も設置。ショップ、試飲カウンター、セミナー室、ワイン・セラーなどが整った快適な施設です。
今年の7月半ばから始まるデラウエアの収穫・醸造が、このワイナリーの初仕込みとなるそうです。

まず「日之城農場」を見学。場長さんから畑の説明と栽培の取り組みについての興味深いお話しを伺うことが出来ました。ワイナリーに移動して、昼食後に施設見学とセミナー室での概要説明、白・赤2アイテムのブラインド・テースティング。終了後は1F試飲カウンターでのフリー・ティステイングと、充実したプログラムの1日となりました。

対応していたfだいた本坊酒造の皆様に、心より感謝申し上げます。

日之城農場
IMG_2459.jpg
IMG_2462.jpg
IMG_2465.jpg
IMG_2472.jpg
IMG_2478.jpg
IMG_2467.jpg
ビジター棟
IMG_2481.jpg
IMG_2479.jpg
IMG_2483.jpg
IMG_2486.jpg
IMG_2493.jpg
IMG_2496.jpg
IMG_2497.jpg
醸造棟
IMG_2490.jpg
IMG_2502.jpg
IMG_2506.jpg
IMG_2511.jpg
IMG_2498.jpg
IMG_2524.jpg
IMG_2528.jpg
IMG_2559.jpg
「2018年 バリュー・ボルドー100」試飲会に参加
2018年4月17日(火)、「2018年 バリュー・ボルドー100」試飲会(@東京・六本木ヒルズ・クラブ)に参加。今年選ばれた100本と、インポーターのブースを回って、合計158本を3時間で試飲。 これで今年になってからの総試飲本数が「1,612本」となりました。 

IMG_2454.jpg
IMG_2457.jpg
IMG_2455.jpg
IMG_2456.jpg

2018年4月4日(水) プライベート・ワイン会 
2018年4月4日(水)当店カウンターで、7名様のプライベート・ワイン会を開催。2ヶ月に1回開催というのがパターンになって来ました。今回のお題は「ブルゴーニュ」です。
会費はお1人様@10,000円で、お料理はSOLOIO様のスペシャリテ。ワインは人数マイナス1本をご用意。

■当店ではご予算に応じてプライベート・ワイン会をセッティング致します。2名様から最大7名様までOK。テーマはリクエストに応じて自由に設定いただけます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

「ワイン・メニュー」

1)NV   クレマン・ド・ブルゴーニュ・ヴーヴ・アンバル(白)
2)12年  サン・ヴェラン・アルページ・ダニエル・エ・マルティーヌ・バロー(白)
3)12年  サン・ヴェラン・アン・クレシェ・ダニエル・エ・マルティーヌ・バロー(白
4)12年  ニュイ・サン・ジョルジュ・PC・クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ・ラルロ(赤)
5)11年  ニュイ・サン・ジョルジュ・PC・クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ・ラルロ(赤)
6)10年  ニュイ・サン・ジョルジュ・PC・クロ・デ・ラルロ(赤)

本日のワイン
IMG_2414.jpg
IMG_2417.jpg
IMG_2423.jpg
IMG_2419_2018042301032952a.jpg
IMG_2422_2018042301034148a.jpg

マグナムは美味しい♪ @ブロシェット様
<2018年3月25日(日)「ブロシェット」様(@静岡市葵区両替町)を会場に、マグナム。ボトルを楽しむ会を開催。やはり、マグナムは美味しい!

「ワイン・メニュー」
1)13年  カヴァ・スマロッカ・ブリュット・レゼルバ・マグナム(カヴァ・白)
2)NV   ジョゼ・ミッシェル・ブリュット・マグナム(シャンパーニュ・白)
3)09年  シャトー・サント・リュス・ヴェルヴュー・マグナム(ボルドー・赤)
4)06年  シャトー・ベロルム・トロンコワ・ラランド・マグナム(ボルドー・赤)
5)04年  シャトー・テレ・グロカイユ・マグナム(ボルドー・赤)

IMG_2218.jpg
IMG_2320.jpg
IMG_2321.jpg
IMG_2322.jpg
IMG_2323.jpg
IMG_2326.jpg
IMG_2324.jpg
IMG_2325.jpg
ヴァンファン ツカモト 2018年3月ワイン会(第178回) 報告
2018年3月24日(土)レストラン・ハナハナ様(@静岡市葵区人宿町)を会場に、当店3月ワイン会(第178回)を開催。今回のテーマは「シャサーニュ・モンラッシェ&クロ・ド・ヴージョ」。クロ・ド・ヴージョは2回目の特集となります。

「ワイン・メニュー」
1)NV  シャルトーニュ・タイエ・ル・ロゼ・ブリュット(シャンパーニュ・ロゼ) @6,500円

シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%。ドサージュは6~7g/L。華やかなローズ・ピンク。泡が元気で持続性は長め。赤いリンゴ、ドライ・フラワー、ブリオッシュ。アタックにかすかな甘み感じるが、アフターはドライでキリリとした辛口。ボディは中程度で、アペリティフに最適。

2)09年 シャサーニュ・モンラッシェ・PC・アビード・モルジョ・フレデリックコサール(ブルゴーニュ・白)@14,500円

ややくすんだグレーがかったイエロー。樹脂香やべっ甲あめを含んだような香り。酸はタップリあるが、まだ固くて開かず。アフターにかすかな苦み残る。グラスに30分でも開かず。9年の熟成でもまだ若い!。

3)06年 シャサーニュ・モンラッシェ・PC・カイユレ・ルイ・ラトゥール(ブルゴーニュ・白)@7,800円

輝きのある明るいイエロー。白桃、カリン、ハーブ、白い花、時間とともに藁や干し草。かすかなタル香。酸は十分あるが、こなれてきており滑らか。ボディもしっかりとした佳品ですね!

4)99年 シャサーニュ・モンラッシェ・PC・ルイ・ラトゥール(ブルゴーニュ・白) @6,200円

テリのある濃い目のイエロー。白い花、かすかなタル香。香りの立ちが極めて弱い。薫り・味わいともに固く閉じている。グラスに30分でも、ほとんど変わらず。19年の熟成を経てもこの固さでは、開くことなく終わってしまいそうな予感が・・・。

5)09年 クロ・ド・ヴージョ・ドルーアン・ラローズ(ブルゴーニュ・赤) @22,400円

紫がかったやや淡い明るいガーネット。カシス、ブルーベリー。上品なタル香。なめらかなタンニンと酸。繊細な味わいではあるが、やや小粒なイメージ。線の細い赤ですね。

6)06年 クロ・ド・ヴージョ・ドルーアン・ラローズ(ブルゴーニュ・赤) @16,800円

09年よりはるかに濃い、エッジまで色が入ったガーネット。ブラックチェリー、上品で深みのあるタル香。滑らかさの中に、まだ若いタンニンと酸が存在を主張。パワフルで果実味の凝縮感感じる。強いワインです。

7)05年 クロ・ド・ヴージョ・ルイ・ジャド(ブルゴーニュ・赤) @24,200円

エッジまで色が入った濃い目のガーネット。強めのタル香。ブラックチェリー。タンニンが若く、酸も固め。グラスで30分でも全く開かず閉じたまま。あと10年程度の熟成が必要かと。05年のブルゴーニュは相変わらず手強い。

8)05年 クロ・ド・ヴージョ・モンジャール・ミュニュレ(ブルゴーニュ・赤) @24,000円

7)より熟成感のある、ややくすんだガーネット。上品なタル香。カシス、鉛筆の芯。なめらかなタンニンと丸い酸。今飲むならコレ!固いワインが多かったので、相対的に美味しく感じてしまいますね。

本日のワイン
IMG_2312.jpg
全てリーデル!
IMG_2314.jpg
赤ピーマンのムース トマトソースで
IMG_2315.jpg
ノルウェーサーモンのマリネ
IMG_2316.jpg
ホタテ、きのこのパテのエビソース
IMG_2317.jpg
小鴨のロースト
IMG_2318.jpg
ブランマンジェ
IMG_2319.jpg