fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ヴァンファン ツカモト 2017年6月ワイン会(第169回) 参加者募集中!
お世話になります。
ヴァンファン ツカモト 6月ワイン会(第169回)の
ご案内を申し上げます。
今回は2015年7月(第145回)の続編として
「シャトー・ポンテ・カネ 垂直 (2)」を企画
致しました。
白はシャソルネイ・サン・ロマン・ブランから
2009年・2010年の比較試飲です。

皆様のご参加をお待ちしております!

「ヴァンファン ツカモト 2017年6月ワイン会(第169回)」

日時 : 2017年6月17日(土)18:30~21:30
会場 : レストラン・ハナハナ様
会費 : 18,000円(お食事付き)
募集 : 先着8名様(最大9名様で開催)
予約 : 6月12日(月)までにご予約ください。

「ワイン・メニュー」

1)NV  レ・クロズリィ・レ・ベギューヌ・EX・ブリュット・ジェローム・プレヴォー(シャンパーニュ・白)
2)10年 サン・ロマン・ブラン・コンブ・バザン・シャソルネイ(ブルゴーニュ・白)
3)09年 サン・ロマン・ブラン・コンブ・バザン・シャソルネイ(ブルゴーニュ・白)
4)03年 シャトー・ポンテ・カネ(ポイヤック・5級)
5)00年 シャトー・ポンテ・カネ(ポイヤック・5級)
6)95年 シャトー・ポンテ・カネ(ポイヤック・5級)
7)79年 シャトー・ポンテ・カネ(ポイヤック・5級)

*参加人数によりワイン本数を増減する場合があります。
 但し4)~7)は確定です。

*前回(第145回)では05年・96年・95年の3ヴィンテージを比較。
 さて今回は・・・。

--
■「ヴァン・ファン・ツカモト」 塚本雅英
■「VINS FINS TSUKAMOTO」
■(有)モンマートつかもと
■〒420-0858 静岡市葵区伝馬町9-7
■TEL:054-255-5566
■FAX:054-253-6880
■MAIL:wine@vinvinowein.com
■http://www.vinsfins-tsukamoto.com/
スポンサーサイト



和食とワインを楽しむ会 「春はロゼ!」 報告
2017年4月23日(日)14:00から「三六」様(@静岡市駿河区馬淵)を会場に、「BUONO BOUNO」様のお客様を中心に13名様の和食とワインを楽しむ会が開催され、じゃみらがワイン・セレクトとサーヴィスを担当させていただきました。春に三六様でロゼをテーマにした会を開くのは今年で3年目となりますが、毎回見事なコラボを演出してくれる小川板長の腕の冴えが楽しみです♪

今回は事前打ち合わせがギリギリ3日前の27日(木)。夜の営業時間中に、味わいの特徴をメモしたワイン・リストを持ってお店を訪問。試食をさせていただきながらワインの特徴を「口頭で」説明。その情報を基に小川板長が料理を構成するという、いつものスタイルです。

「ワイン・メニュー」
1)NV  ポルタ・レオーネ・ピノ・ロゼ・スプマンテ・ブリュット(イタリア・ヴェネト・泡・ロゼ)
2)NV  グラハムベック・ロゼ・ブリュット(南アフリカ・泡・ロゼ) 
3)15年 ダーニ・ロゼ・ゼルナー(オーストリア・ロゼ)   
4)15年 マレノン・ペテュラ・ロゼ(フランス・ローヌ・ロゼ)
5)15年 シャトー・レ・ヴァレンタイン・ロゼ(フランス・プロヴァンス・ロゼ)
6)14年 ミケーレ・サッタ・ボルゲリ・ロゼ(イタリア・トスカーナ・ロゼ)   
7)15年 ラ・リュンヌ・ラ・フェルム・ド・サンソニエール・マグナム(フランス・ロワール・白) 

今回も「鮮魚 日の出」様のSpecial Thanksにより、とびきりの食材を提供戴くことに(感謝デス!)。

そして料理画像を見て戴けばお分かりの通り、全13品のワインとのマリアージュにチャレンジするお料理の数々・・・。(こりゃ、原価割れ必至)。小川板長の熱い想いを堪能した2時間30分でした。

本日のワイン
IMG_0167.jpg
お品書き
IMG_0169.jpg
「先付け」 才巻海老 筍 うど 木の芽合え
IMG_0170.jpg
「先付け」 新ごぼうと牛の時雨煮 京七味
IMG_0171.jpg
「先付け」 桜鯛白子の振竜田(フリッタータ) 桜花 桜葉
IMG_0172.jpg
「造り」 天然とらふぐ てっ刺 てっ皮 芽ネギ あん肝
IMG_0174.jpg
「おしのぎ」 生南マグロ寿司 二種
IMG_0175.jpg
IMG_0176.jpg
「焼肴」 極太アスパラ焼 温度玉子
IMG_0177.jpg
「中皿」 京鴨ロース煮 ポメリー・マスタード からし菜
IMG_0178.jpg
「油物」 とらふぐ唐揚げ ししとうレモン
IMG_0179.jpg
「酢物」 三六うなぎのうざく
IMG_0180.jpg
「食事」 うすい豆御飯
IMG_0186.jpg
おこげも・・・
IMG_0187.jpg
「お椀」 筍の味噌汁
IMG_0185.jpg
「満ち足りた午後のひと時♪」
IMG_0183.jpg
「デザート」
*画像無し 三ツ矢サイダーのジュレ
ヴァンファン ツカモト 2017年4月ワイン会(第167回) 報告
2017年4月15日(土)「レストラン・ハナハナ様」(@静岡市葵区人宿町)を会場、に当店4月ワイン会を開催。今回は久々のイタリア特集で「ティニャネロ 垂直」を企画。8名での開催となりました。

「ワイン・メニュー」
1)NV フランチャコルタ・ブリュット・フェルゲッティーナ(ロンバルディア州・泡・白)

盛大で豊かな泡立ち。泡が細かく、持続性長い。酸がタップリで、ボディも十分。白い花、ミネラル、火打石。アフターに心地よい渋み。パワーのある申し分のないスプマンテ。佳品ですね!

2)15年 カ・マルカンダ・ヴィスタマーレ・ガヤ(トスカーナ州・白)

輝きのあるグリーンがかったイエロー。ヴェルメンティーノ60%、ヴィオニエ40%。香りは閉じ気味で、抜栓後30分でもほとんど変化なし。予想したヴィオニエのニュアンスもあまり感じられない。酸がスッキリとした、シャープな印象の白。アフターに感じる渋みと苦みが心地よい。現時点ではポテンシャルの半分も表現されていない印象でした。

3)02年 コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ・ソーヴィニョン・ミアーニ(F・V・ジューリア州・白)

輝きのあるゴールド・イエロー。タル香、ハチミツ、カリン。角が取れた丸い酸味。アフターに苦みとやさしい渋み。きれいに熟成した
上品な白。

4)11年 ブルネロ・ディ・モンタルチーノ・ルーチェ(トスカーナ州・赤)

紫がかった濃い目のガーネット。「涼しい」香り。ミント、ハーブなどのグリーンな香りに、湿った土のアーシーな香りが併存。アタックに甘み。なめらかでビロードのようなタンニンと酸。アフターも長く上品。旨し!

5)11年 ティニャネロ・アンティノーリ(トスカーナ州・赤)

紫がかった若さを感じさせる濃い目のガーネット。まだ若いが滑らかで、アタックにタップリの甘み感じるが、タンニンと酸が閉じておりフラットな印象。ポテンシャルの高さは十分に感じられるが・・・。

6)01年 ティニャネロ・アンティノーリ(トスカーナ州・赤)

11年より色が濃くて若い(!!)。エッジまでしっかり色が入った、とても濃いガーネツト。凝縮感のある豊かな果実香。アタツクに甘み。なめらかなタンニン。穏やかな酸。これもまだ若く、ポテンシャルの高さは11年以上。

7)86年 ティニャネロ・アンティノーリ(トスカーナ州・赤)

エッジが淡い、明るいガーネット。土、鉄、かすかにスーボワ。アタツクに甘み。出汁系の優しい旨味、滑らかなタンニンと優し酸。シルキーで上品なアフターが心地よい。31年の熟成でピークに達したようです。美味也!!

本日のワイン
P1090910.jpg
ソテーしたサザエとコンソメのジュレ
P1090912.jpg
キウイ・フルーツ・ソースのアジのマリネ
P1090913.jpg
ホタルイカのスパゲッテイ
P1090914.jpg
北海道和牛のグリル
P1090915.jpg
抹茶のブリュレ
P1090916.jpg
P1090917.jpg