fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

2016年12月17日 ヴァンファン ツカモト 12月ワイン会(第163回)報告
2016年12月17日(土)当店12月ワイン会(第163回)を、8名で「ル・コンテ」様(@静岡市駿河区南町)で開催。テーマは久々の「カリフォルニア特集」です。

「ワイン・メニュー」

1)11年  グラハム・ベック・ブリュット・ゼロ(南アフリカ・泡・白)

泡が細かく、持続性長い。ノン・ドセだが、アタックにかすかな甘み感じる。ドライで、キリッとした酸が印象的。柑橘系の香りが華やかで、ブライドならシャンパーニュと答えそう。美味也!

2)13年  ハートフォード・コート・ルシアン・リヴァー・ヴァレー・シャルドネ(白)

淡いイエロー。トップのタル香がバタール・モンラッシェ的でゴージャス!果実味と酸がタップリと詰まったリッチな味わい。アフターに少し苦みが残る。NEWワールドながら、上品な仕上がりに満足の1本。      

3)13年 キスラー・ソノマ・コースト・シャルドネ(白)

テリのある濃い目のイエロー。気品のある深いタル香。タップリの酸と果実味。しかし、まだ若くて香り、味わいともに開かず。手強いヴィンテージですね。
        
4)13年  ディアバーグ・ピノ・ノワール・サンタ・マリア・ヴァレー(赤)

明るい紫がかったルビー。スモーキー、タバコ、ビターチョコ。香り、味わいともに開かず固いまま。今飲むにはかなり厳しい。グラスに2時間で、ようやく香りが開き始める。1時間前のデキャンタージュが必要でした。

5)13年  キスラー・ソノマ・コースト・ピノ・ノワール(赤)

紫がかった濃くて深みのあるガーネット。タル香が上品で、凝縮され、深みのある果実香。アタックに甘み。まだ若く、ポテンシャルの半分以下しか表現出来ていない。これも時間が必要な1本。

6)NV  オヴァチュア・オーパス・ワン(赤)

じゃみらも初めての1本。オーパス・ワンのセカンドに位置するノン・ヴィンテージの赤。複数のヴィンテージのブレンドで、かつてはオーパスの現地ショップだけで販売されていたレア・ワイン。エッジまで真っ黒(!!)のとても濃いガーネット。レッグもかなりの長さ。印象としてはサン・テミリオン上級ワインの若いヴィンテージかな。アタックに上品な甘み。深みとパワーのある味わいがグイグイ押してくる。タニックで、まだ若い。これも1時間前のデキャンタージュが必要でした。

7)00年 シェーファー・ナパ・ヴァレー・スタッグスリープ・ディストリクト・カベルネ・ソーヴィニョン(赤)

色調が6)オヴァチュアよりも若く見えることに驚く。瓶詰直後はどんな色だったのか・・・。熟成香と深い果実香がグラスいっぱいに広がる。こなれたタンニンと酸が、滑らかに喉を滑り降りてゆく・・・。バランスが取れた飲み頃の逸品。まだ熟成のポテンシャルは十分に持っている。ブラヴォー!!!

本日のワイン
P1090590_20170102155841411.jpg
P1090592.jpg
P1090593.jpg
P1090594.jpg
P1090595.jpg
P1090596.jpg
P1090598.jpg
スポンサーサイト



Y様 プライベートワイン会
2016年12月6日(火)当店ワイン会に第1回目からご参加戴いているY様からのご依頼で、当店カウンターで3名のワイン会を開催。ワインは当日来店時に、当店在庫からチョイス。食事は予約しておいたSOLOIO様特製アンティパスト盛り合わせです。

「ワイン・メニュー」
1)99年 ボランジェ・グラン・ダーネ(シャンパーニュ・白)
2)05年 シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・フレデリック・マニャン(ブルゴーニュ・赤)

本日のワイン
P1090553.jpg

99年のボランジェは、熟成が程良く、まさに飲み頃♪ 05年マニャンは、もう少し熟成に時間が掛かりそうでしたが、時間の経過で香りが開き始め、実力の片鱗を見せてくれました。
Y様、有難うございました!!
N様 プライベートワイン会 Vol.2
2016年12月7日(水)N様主催の第2回プライベートワイン会を、当店カウンターで5名で開催。今回のお題は「2007年 ボルドーの熟成」です。会費10,000円で7,500円がワイン代、2,500円が食事代という配分。料理はSOLOIO様に依頼したスペシャリテです。

「ワイン・メニュー」

1)NV  ジョゼ・ミッシェル・ブリュット・トラディション(シャンパーニュ・白)
2)14年 シャトー・ド・フォントニーユ(ボルドー・白)
3)07年 ドメーヌ・アラリー・オー・ブリオン(グラーヴ・赤)
4)07年 ル・ドーム(サン・テミリオン)

*3)は2007年から2010年まで、わずか4ヴィンテージのみ造られた幻の「オー・ブリオン」。2011年に隣接するシャトー・オー・ブリオンが畑を買収。

*4)はサン・テミリオンのシンデレラ・ワイン。パーカー92点~94点。

本日のワイン
P1090551.jpg
SOLOIO様スペシャリテ
P1090559.jpg
本日のメニュー
P1090566.jpg
乾杯!
P1090564.jpg

楽しいお仲間との時間は早く流れ、19:00スタートで気が付けば21:30。N様、ご参加のメンバーの皆様、有難うございました!
2016年11月 ヴァンファン ツカモト11月ワイン会(第163回)報告
2016年11月26日(土)レストラン・ハナハナ様(@静岡市葵区人宿町)を会場に、当店11月ワイン会を8名で開催。テーマは「シャトー・グリュオー・ラローズ 垂直」です。2004年から1988年までの4ヴィンテージを比較してみました。

「ワイン・メニュー」
1)03年 インフィニット・エイト・EX・ブリュット(シャンパーニュ・白)

泡が盛大だが、粒が大きめでやや粗い印象。持続性も短い。香りはリキュールのような変わったフレーヴァー。酸の厚み感じ、アフターにわずかな苦み残る。シャンパーニュとしては??のボトルでした。

2)10年 シャサーニュ・モンラッシェ・フィリップ・パカレ(ブルゴーニュ・白)

輝きのある、やや濃い目のイエロー。上品なタル香。白い花。穏やかな香りだが15分程でマロラクティックのヨーグルトやバターの香りが現れる。ミネラリーでバランスの取れた味わいが心地よい。アルコール12.5%。

3)09年 シャサーニュ・モンラッシェ・1er・アビー・ド・モルジョ・フレデリック・コサール(ブルゴーニュ・白)

わずかにくすんだ、やや濃い目のイエロー。ローストの効いたタル香と熟成香。ノワゼット、ミネラル、リキュール。酸が上品でキレ有り。アルコール(13.5%)の熱さを感じる。そろそろ飲み頃のようです。

4)04年 シャトー・グリュオー・ラローズ(サン・ジュリアン・2級・赤)

エッジまで色が入った濃い目のガーネット。まだ紫色が残っている。クッキリとしたタル香。熟成感のある果実香。土、鉄、シダー。
かすかな甘味。角の取れたやさしいタンニンと滑らかさのある酸。今飲んで分かりやすいボルドー。

5)03年 シャトー・グリュオー・ラローズ(サン・ジュリアン・2級・赤)

とても濃い紫がかったガーネット。04年よりも濃い(!)色調。鉄、土、上品なタル香。香り・味わいともにまだ若いが、ポテンシャルの高さ感じる。まだ「ピチピチ」。太陽はまだ中天に達していない。やはり03年は「火のヴィンテージ」ですね。

6)95年 シャトー・グリュオー・ラローズ(サン・ジュリアン・2級・赤)

エッジまで色が入った鮮やかなガーネット。素晴らしい熟成香!腐葉土、コーヒー、鉄。奥行きの深さを感じさせる香りに魅了。アタツクに甘み感じるが、タンニンがまだ若く、酸も固さが目立つ。もう少し時間が必要な95年でした。

7)88年 シャトー・グリュオー・ラローズ(サン・ジュリアン・2級・赤)

わずかに紫がはいった若さを感じる色調。腐葉土、タバコ、モカ、シダー。かすかにブルタノマイセスのニュアンスがあり、これがアクセントになっている。熟成のピークを迎えており、今まさに飲み頃。素晴らしい熟成に「ブラヴォー!」。

本日のワイン
P1090520.jpg
甘エビのタルタル
P1090521.jpg
P1090524.jpg
P1090526.jpg
P1090529.jpg
P1090531.jpg
P1090533.jpg
2016年11月 ヴァンファン ツカモト 「ミニ・ワイン会」開催 (通算第162回)
2016年11月22日(火)お客様からのリクエストで、当店主催の「ミニ・ワイン会」を当店カウンターで開催。6名様で会費@10,000円、内訳はワイン代(抜栓料@500円/本込み)が@7,400円、つまみ代が@2,600円となりました。今回のお題は「ボルドーの熟成」です。

初対面のメンバーが多かったのですが、すぐに打ち解けて会話が弾み気が付くと22:00。楽しい時間はあっという間ですね!

「ワイン・メニュー」

1)NV  エグリ・ウーリエ・GC・ブリュット・トラディション(シャンパーニュ・白)       @7,650円
2)05年 エール・ダルジャン(ボルドー・白)                           @13,500円
3)10年 シャトー・オー・バタイエ(ポイヤック・赤)                       @7,400円
4)06年 シャトー・グロリア(サン・ジュリアン・赤)                       @6,600円
5)98年 シャトー・バタイエ(ポイヤック・赤)                           @9,260円 

本日のワイン
P1090512.jpg
P1090509.jpg
P1090510.jpg

BUONO BOUNO様主催 第14回 「ボジョレ・ヌーボーを楽しむ会」開催
2016年11月19日(土)SOLOIO様(葵区伝馬町・塚本ビル1F北側)を会場に、BUONO BOUNO様主催の「ボジョレ・ヌーボーを楽しむ会」が開催され、当店がワイン・サーヴィスを担当させて戴きました。この会も今年で14年目を迎える、ロング・ランのワイン会となりました。

「ワイン・メニュー」
1)2016年  マコン・ヴィラージュ・ヌーボー・テール・セクレット(白)
2)2016年  シャルドネ・ヌーボー・ヴィニフィエ・パー・ジュンコ(白)
3)2016年  ボジョレ・ロゼ・ヌーボー・ドメーヌリュエ(ロゼ)
4)2016年  ノベッロ・ファンティーニ・ファルネーゼ(赤)
5)2015年  ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボー・カリーム・ヴィオネ(赤)
6)2015年  ボジョレ・ヴィラージュ・プリムール・フレデリック・コサール&ケヴィン・デコンブ(赤)
7)2015年  ボジョレ・ヴィラージュ・プリムール・ネゴシアン・ルロワ(赤)

本日のワイン
P1090501.jpg
P1090506.jpg
P1090504.jpg
P1090505.jpg
P1090507.jpg
P1090508.jpg

第5回 音楽(ギター)とヌーボーを楽しむ会
2016年11月18日(金)青島文具店(葵区追手町)様主催の、音楽とヌーボーを楽しむ会が開催され、当店がワインと軽食のサーヴィスを担当させて戴きました。ボジョレ・ヌーボーの解禁に合わせて開催されるヌーボーの会も3年目。25名の参加者で、ご機嫌なギターの演奏と新酒を満喫しました。

「ワインメニュー」
1)NV  プレスティージュ・ド・フランス・ブリュット(ヴァン・ムスー・白)
2)16年 マコン・ヴィラージュ・ヌーボー・テール・セクレット(白)
2)16年 ガメイ・ヌーボー・ヴィニョロン・ド・ラバスタン(赤)
3)16年 ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボー・カリーム・ヴィオネ(赤)

P1090499.jpg
P1090493.jpg
M様 プライベート・ワイン会を開催
2016年11月5日(土)19:00から、M様主催のプライベート・ワイン会を6名様で当店カウンターで開催。会費@10,000円の内訳は、ワイン代@7,800円、SOLOIO様のアンティパスト盛り合わせ@2,200円。今回のお題は「ピノ・ノワール:産地の比較」です。
初めてお会いするメンバー(3名様)の方々のお話しが興味深く、2時間30分があっという間に過ぎてしまいました。

M様、有難うござました!

「ワイン・メニュー」

1)07年 ドゥラモット・ブラン・ド・ブラン(シャンパーニュ・白)                @9,100円
2)07年 ムルソー・1er・ペリエール・イヴ・ボワイエ・マルトノ(ブルゴーニュ・白)   @10,000円
3)12年 ビュルランベルグ・1er・マルセル・ダイス(アルザス・赤)             @7,200円
4)13年 ルシアン・リヴァー・ヴァレー・ピノ・ワール・キスラー(カリフォルニア・赤)   @13,000円
5)12年 シャンボール・ミュジニ・ヴィエイユ・ヴィーニュ・ユドロ・バイエ(ブルゴーニュ・赤) @7,500円

本日のワイン
P1090451.jpg
会場のセッティング
P1090455.jpg
SOLOIO様 特製アンティパスト
P1090466.jpg
本日のお品書き
P1090470.jpg