fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

モンマートつかもと 2016年2月ワイン会(第152回)報告
2016年2月20日(土)レストラン・ハナハナ様(@静岡市葵区人宿町)を会場に、当店2月ワイン会を開催。今回のテーマは「コート・デュ・ローヌ特集」。当店ワイン会で初めて取り上げるテーマで、当初は人数が集まらず開催が危ぶまれましたが、今回初参加のK様ご夫妻のエントリーもあり「10名」で無事開催することが出来ました。
人数が増えたのでワイン本数も7本→9本に増やし、充実のラインナップとなりました♪

「ワイン・メニュー」

1)NV  ラ・クロズリ・デ・リ・ベギューヌ・ジェローム・プレヴォー(シャンパーニュ・白)

泡が盛大で細かい。かすかに熟成が感じられる色調。過去に飲んだボトルに比べやや香りが弱いが、きれいなまとまりのある味わい。酸がしっかりと有り、キレが良い。熟成感が楽しめる佳品。デゴルジュは2009年。

2)13年  コンドリュー・ラ・ドリアーヌ・ギガル(ローヌ・白)

初リリースは1994年。輝きのあるイエロー。トップからライチの香りが全開で、時間とともにさらに香りが広がる。豊かな酸とふくらみのある果実味。アフターのかすかな苦みがアクセントになり、料理との相性も広そう。中華系のスパイシーなメニューが欲しくなる。北京ダックにも合いそう。会の最後まで(2時間後)グラスで開き続ける。

3)05年 シャトー・グリエ(ローヌ・白)

熟成感のあるややグレーがかったイエロー。抜栓直後の香りが弱く、スワリングするも、予想したほどの香りの広がりが見られない。酸も厚みが感じられず、やせた印象。時間とともに、清酒の熟成古酒に近い香りと味わいに。ボトル・コンディションか?

4)05年 コート・デュ・ローヌ・グラメノン・セプ・センチネル(ローヌ・赤)

グルナッシュ70%、シラー20%、残り10%はヴィオニエ、クレレット、サンソー。香りは梅のイメージは強く、まるでピノ・ノワール。
味わいはグルナッシュのトーンが強いが、かすかなスパイシーさが加わり実に表情が豊か。酸も十分で、口中での広がりも豊か。
美味也!

5)04年 コルナス・ティエリー・アルマン(ローヌ・赤)

熟成感のある、ややスーボワな香り。香りに透明感を感じ、とてもピュアな印象。旨味の詰まった優しいが1本芯が通った味わい。シラーがこのような熟成を遂げたことに驚く。亜硫酸無添加ながら、へたれ感は皆無。素晴らしいワインですね!

6)07年 サン・ジョセフ・ヴィーニュ・ド・ロスピタル・ギガル(ローヌ・赤)

きれいな熟成を遂げた、いかにも「シラー」といった1本。酸が柔らかく丸み有り。グラスで香りが開き続け、会の最後まで変わらず。

7)07年 シャトー・ヌフ・デュ・パプ・ボーカステル(ローヌ・赤)

骨太でインパクトが強烈。AOCで許可された13品種を全てブレンドしただけあって、複雑で奥行きを感じさせる香りと味わい。タンニンと酸が塊となってグイグイ押してくる。9年の熟成を経てもまだまだ飲み頃には達していません。コルクも長くて立派。

8)05年 エルミタージュ・ジャン・ルイ・シャーヴ(ローヌ・赤)

黒に近い非常に濃い色調。巨大なバルーングラスに顔を近づけるだけで、香りが溢れくるのがはっきりと分かる。深遠、情熱、
哲学、歓喜、静謐・・・。言葉では表現しきれない、様々な要素を合わせ持ったモンスター・ワイン。11年の熟成など歯牙にもかけない強靭さがありながら、飲む者に喜びを与えてくれる懐の深さに、ただただ「・・・美味しい!」。参りました。

9)77年 シャトー・ヌフ・デュ・パプ・テッレ・ブランシュ(ローヌ・赤)

抜栓直後は熟成した華やかさのある香りと、滑らかで丸いタンニンがとても心地良く感じられたものの、1分経過するごとに香り、味わいともに落ちてゆく。「ウルトラマン・ワイン」ではありますが、十分に古酒の趣が感じられて「これはこれでOK」の枯淡の境地。良いと思います。

以上10名で9本のワインを堪能して、さてデザートに、というところで思いがけないサプライズが・・・!!
メンバーのNさんのご依頼で、お買い上げ後に当店でお預かりしていた白ワインを1本、持ち帰れるように会に持参しておいたのですが、それを「開けましょう!」とのお申し出が・・・。
そこで10本目のエクストラ・ワインが抜栓されることになりました。

10)90年 シャトー・イケム(ボルドー・白・極甘口)

かなり濃い目のゴールドイエロー。はちきれんばかりの果実香と貴腐香。芳醇な甘みと、それを支える酸が混然一体となって感覚器官を押し包む。「05年 エルミタージュ」の後に飲んでも対抗できるのはやはり貴腐ワインしかないことを実感。何という贅沢!

というわけで2月ワイン会は歓喜と興奮に包まれてお開きとなりました。希少なイケムを惜しげもなくご提供戴いたN様はじめ、ご参加の皆様に御礼申し上げます。
また毎度のこととは言いながら、この「人数×本数」の膨大な数のリーデル・グラスをご用意戴いた花畑シェフに、改めて感謝申し上げます。そして料理も今回のテーマに沿った創意にあふれるものでした。

本日のワイン
P1080549.jpg
白子のムニエル
P1080554.jpg
子鴨のサラダ仕立て
P1080555.jpg
黒鯛のポワレ エピスソースで
P1080556.jpg
朝霧高原ポークのロティ
P1080557.jpg
デザート
P1080560.jpg
エスプレッソ
P1080469.jpg
90年 イケム
P1080558.jpg
イケムで乾杯!
P1080559.jpg
スポンサーサイト



モンマート店舗改装&売り尽くし半額セールのお知らせ
「モンマートつかもと」は2016年2月29日(月)を以って37年間の営業を終了致します。
長年のご愛顧に心より感謝申し上げます。

改装後にワイン専門店「VINS FINS TSUKAMOTO」(ヴァン・ファン・ツカモト)に店名変更して、2016年4月中旬にリニューアル・オープン予定です。新店舗は大型ワイン・セラー完備で、ワイン&ワイン・グッズのみを扱う(一部清酒・焼酎あり)専門店となります。

これに伴い、2月22日(月)~29日(月)までの1週間、改装売り尽くし半額セールを開催します!
店内の商品(除外品を除く)を売り尽くし価格の「半額」でご奉仕させていただきます!

*除外品(ワイン、タバコ、切手、印紙、商品券、パン、弁当、総菜,委託販売の布製品)

清酒、焼酎、ビール、ウイスキー、ブランデー、リキュール、食品、飲料、菓子、雑貨、等が全て「半額」となるこの機会に、ぜひご利用くださいませ。