fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

モンマートつかもと 2015年12月ワイン会(第150回) 「満席」のお知らせ
★下記にてご案内予定だった当店12月ワイン会は、当ブログで
募集前に「満席」となりました。
エントリー戴いた皆様に御礼申し上げます!!


99年10月に始まった当店ワイン会も、12月で
150回目を迎えることとなりました。
これもひとえに、これまでご参加戴いた皆様の
お蔭と、深く感謝しております。
記念の150回目のテーマは、ボルドー1級の
セカンド特集と致しました。
皆様のご参加をお待ちしております!

  
「モンマートつかもと 12月ワイン会(第150回)」

日時 : 12月12日(土)18:30~21:00
会場 : レストラン・ハナハナ様
会費 : 19,000円(お食事付)
募集 : 8名様(最大9名で開催)
予約 : 12月7日(月)までにご予約ください。

「ワイン・メニュー」

1)NV  エグリ・ウリエ・ブリュット・ロゼ・グラン・クリュ(シャンパーニュ・ロゼ)
2)10年 サン・ヴェラン・アン・クレシェ・ダニエル・エ・M・バロー(ブル・白)
3)09年 サン・ヴェラン・アン・クレシェ・ダニエル・エ・M・バロー(ブル・白)
4)08年 ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト
5)00年 パヴィヨン・ルージュ・ド・シャトー・マルゴー
6)05年 レ・フォール・ド・ラトゥール
7)95年 レ・フォール・ド・ラトゥール

*参加人数によりワイン本数を増減する場合が有ります。
 但し、4)~7)は確定です。

--
■(有)モンマートつかもと 塚本雅英
■〒420-0858 静岡市葵区伝馬町9-7
■TEL:054-255-5566
■FAX:054-253-6880
■MAIL:wine@vinvinowein.com
■営業時間:7:30~22:00
■定休日:日曜・祝日

スポンサーサイト



「フルートとワインを楽しむ会」 参加者募集中!
ワークスペース・アオシマ(青島文具店)さんとのコラボによる、音楽とワインを楽しむ会の参加者募集中です♪

過去3回は「ブルースハープとワインの会」でしたが、今回はボジョレ・ヌーボー解禁日の翌日に、フルート奏者「青島 由佳」さんのフルート演奏と、ボジョレ・ヌーボー(新酒)」を楽しむ会」を企画しました。

日時 : 2015年11月20日(金) 開場 18:00  開演18:30~20:30
会費 : 2,500円(税込) 
会場 : ワークスペース・アオシマ
      静岡市葵区追手町2-8  TEL :054-252-1643

「ワイン・メニュー」
1)2015年 マコン・ヴィラージュ・ヌーボー・テール・セクレット(白)
2)2015年 ボジョレ・ロゼ・ヌーボー・ドメーヌ・リュエ(ロゼ)
3)2015年 ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボー・ルイ・テット(赤)
4)2015年 ボジョレ・ヌーボー・クロテール・ミシャル(赤)

お申込みは「アオシマ」さんか「モンマートつかもと」まで。

「モンマートつかもと」 TEL : 054-255-5566
              Mail : wine@vinvinowein.com

P1080174.jpg




モンマートつかもと 10月ワイン会(第148回) 報告
2015年10月17日(土)「レストラン・ハナハナ」様を会場に、当店10月ワイン会(第148回)を開催。テーマは「シャトー・ラグランジェ垂直」です。今回は6名での開催となりましたが、久しぶりに「道草」さんのエントリーを戴き、メンバーが同じ話題に参加できる、一体感のある会となりました。ワイン会のベスト人数は、やはり4名~6名ですね。8名以上ではどうしても会話が二分されてしまいます。(但し、予算的には「秋の紅葉」ですが・・・)。

「ワイン・メニュー」

1)NV ゴビヤール・ブリュット・トラディション(シャンパーニュ・白)

盛大な泡の持続性長く、細かい。香りの凝縮感は中程度。アタックにかすかな甘み。バランスの取れた味わい。スタンダード・クラスとしては秀逸な出来栄え。しかもリーズナブル(当店売価@3,860円)。ピノ・ノワール35%、ムニエ35%、シャルドネ30%。

2)12年 クラレンドル・ブラン(ボルドー・白)

ソーヴィニョン・ブラン+セミヨン。白桃、白い花、かすかにトロピカルな香りも。香りが上品で、酸もしっかりとした佳品。温度が上がると、さらに香りが広がる。ボルドー1級「シャトー・オー・ブリオン」が手がける、こちらもリーズナブル(当店売価@3,000円)なボルドー・ブラン。

3)05年 シャトー・ラグランジェ(サン・ジュリアン・3級)

濃い目のガーネット。杉、タル香、コーヒー、血などの凝縮した果実香が心地よい。タンニンと酸がタップリで、まだ若い。とは言いながらも、滑らかな口当たりで、今飲んでも十分に美味しい。理想はあと5年程度は熟成させたいところ。

4)00年 シャトー・ラグランジェ(サン・ジュリアン・3級)

紫がかった濃い目のガーネット。3)よりも若い色調。土、鉄、血などの熟成感のある、気品ある香りが豊かに広がる。タンニンが丸くこなれた、とてもスムーズでシルキーな味わい。まだ熟成途中で、まだまだ成長が期待出来る。もちろん今飲んでもOK。

5)95年 シャトー・ラグランジェ(サン・ジュリアン・3級)

4)よりさらに若い色調に驚く。エッジまでしっかりと色が入った深みのあるガーネット。土、鉄、タバコ。程よい熟成感のある、きれいに凝縮された果実香がデキャンターの最中から広がる。アタックに甘味感じ、滑らかでいてパワーを感じさせる、ストラクチャーの整った味わい。何とも美味!

6)90年 シャトー・ラグランジェ(サン・ジュリアン・3級)

エッジまでしっかりと色が入った、深みのある濃い目のガーネット。レッグも長い。抹茶、ヨード、杉、血、タバコ、ミネラルなどの重層的で複雑な香りにやられました!この熟成感はお見事。アタックに甘味感じ、なめらかでシルキーな液体が喉を滑り降りてゆく。05年、00年、95年、とは明らかに違う高みに到達しているワイン。さすがの90年ですね!まだまだ熟成します。

今回の05年、00年、95年、90年の5年置きの垂直で感じたのは、このシャトーのレベルの高さです。ポイヤックとは違う到達点を目指す、目の覚めるような逸品揃い。このような充実した会は近年まれです。またお料理も毎回のことながら素晴らしく、見事なマリアージュを経験させて戴きました。
ご参加の皆様、花畑シェフに、改めて御礼申し上げます。

本日のワイン
P1080164.jpg
ブロッコリーのムース
P1080166.jpg
あわびとホタテのテリーヌ
P1080167.jpg
スズキの南仏風
P1080168.jpg
小鴨のロースト
P1080169.jpg
リンゴのタルト
P1080170.jpg
エスプレッソ
P1080171.jpg



11月ワイン会「満席」となりました
先にご案内の「モンマートつかもと 11月ワイン会」は、本日「満席」となりました。
エントリー戴いた皆様に御礼申し上げます。

なお「12月ワイン会」は12月12日(土)18:30から21:00まで。会場は「レストラン・ハナハナ」様。テーマは「ボルドー1級シャトー・セカンド 特集」を予定しております。詳細決まり次第、ご案内申し上げます。
モンマートつかもと 2015年11月ワイン会(第149回) 参加者募集!
当店11月ワイン会のご案内を申し上げます。
秋も深まる11月のテーマは、久々のイタリアから
「ブルネロ・ディ・モンタルチーノ特集」です。
白ワインも、ヴァレンティーニとガヤ、という
人気・実力ともに定評の高い2本をチョイス。
かなり「濃い」ワイン会となりそうです。
皆様のご参加をお待ちしております!

「モンマートつかもと 11月ワイン会」(第149回)

日時 : 11月28日(土)18:30~21:00
会場 : レストラン・ハナハナ様
会費 : 18,000円(お食事付)
募集 : 先着9名様
予約 : 11月20日(金)までにご予約下さい。

「ワイン・メニュー」

1)08年 トレッビアーノ・ダブルッツオ・ヴァレンティーニ(白)
2)99年 ガヤ&レイ・シャルドネ(白)
3)09年 ブルネロ・ディ・モンタルチーノ・ピエヴェ・サンタ・   
       レスティトゥータ・ガヤ(赤)
4)09年 ブルネロ・ディ・モンタルチーノ・リジーニ(赤)
5)09年 ブルネロ・ディ・モンタルチーノ・ルーチェ(赤)
6)03年 ブルネロ・ディ・モンタルチーノ・サルヴィオーニ(赤)
7)79年 ブルネロ・ディ・モンタルチーノ・ビオンディ・サンティ(赤)

*参加人数によりワイン本数を増減する場合があります。
 但し3)~7)は確定です。


--
■(有)モンマートつかもと 塚本雅英
■〒420-0858 静岡市葵区伝馬町9-7
■TEL:054-255-5566
■FAX:054-253-6880
■MAIL:wine@vinvinowein.com
■営業時間:7:30~22:00
■定休日:日曜・祝日
快晴の畑で「メルロー」を収穫
2015年10月6日(火)マルス・ワイナリー「日之城農場」(山梨県韮崎市穂坂地区)での、メルロー収穫体験研修に参加。甲府駅に集合後、バスで穂坂地区の契約農場・石川さんの「甲州種」の畑(標高500m)を見学。先週収穫は完了しましたが、枝にはまだたわわに実ったブドウが残されており、さっそく試食させて戴きました。その甘味と酸の豊かさに感嘆。棚仕立ての葡萄畑は見事に手入れが行き届き、石川さんの葡萄に対する愛情が伝わってきます。
*左から2人目が石川さん
P1080088.jpg
*完熟した甲州
P1080090.jpg
*手入れが行き届いた畑
P1080089.jpg
*光がまぶしい
P1080096.jpg
*「ピオーネ」です
P1080093.jpg

次は穂坂地区の「ベリーA」の畑を見学。試食した葡萄は糖度が20度~21度にも!。甘い中にも酸が感じられ、生食しても十分に美味しい葡萄でした。
*垣根仕立てです
P1080100.jpg
*こちらも完熟
P1080101.jpg
P1080104.jpg

新しいワイナリーの建設予定地(2年後に工事開始予定)を見た後、自社農場の「日之城農場」へ移動。バスを降りてから、かなり勾配のきつい坂道を上った先に「日之城」の畑が広がっていました。
ここで「メルロー」を収穫。完熟した房もあれば、未熟果や病果が混じった房も有りで、一粒ずつ選り分けてから、収穫箱に並べて行きます。始めると止まらなくなりますが、この作業を天候を見ながら毎日続けゆくことの大変さが良く分ります。
*農場の案内
P1080107.jpg
*畝の間はビニールシートで雨除け
P1080109.jpg
*房の上部にはビニールでレイン・カット
P1080111.jpg
*快晴のブドウ畑で、完熟したメルローを収穫
P1080130.jpg
P1080131.jpg

作業の後は、畑の横でワインを飲みながらのランチ。
P1080133.jpg
*オーガニック素材のお弁当
P1080132.jpg

食事後、バスで石和にあるマルス・ワイナリーに移動して、工場見学と試飲。
*醸造タンクから発酵途中の「甲州」と「ベリー・A」を試飲。ガスがピチピチで優しい甘味。
P1080138.jpg
P1080139.jpg

ワイナリーには、先ほど収穫した「メルロー」がトラックで運ばれていて、これがこれから「日之城メルロー」になるかと思うと、やはり何となくウレシイですね♪ 貴重な体験をさせて戴いたマルスワイナリーの皆様に御礼申し上げます。