fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

秋は清酒の美味しい季節
2015年9月20日(日)三六様(@静岡市葵区馬淵)を会場に、「BUONO BOUNNO」様主催の清酒と和食の会が開催され、じゃみらも参加させて戴きました。今回は「野中酒店」野中氏が清酒のコーディネートとサーヴィスを担当されたので、ただ座って飲んで食べるだけ(!)という、何とも楽チンな会。いつものワイン会を考えれば「天国」です♪

「清酒メニュー」

1)英君・純米大吟醸・斗瓶囲い(静岡・由比)山田錦 精米歩合40% 日本酒度+2  酸度1.2

上立香のデリシャスリンゴの香りが華やかだが、うるさい感じが無く実に上品。酸も良く伸びて、口中のバランスが秀逸。実にまろやかな口当たり。残り香もふくよかで気品あり。近年まれにみる酒質の逸品。

2)喜平・秋上がり・誉富士・特別純米(静岡・駿河区) 精米歩合60% 日本酒度+3 酸度1.3

酸が若くサッパリとした味わい。秋上がりらしく、味が整っている。

3)志太泉・愛山・純米吟醸原酒・21BY(静岡・藤枝市)愛山 精米歩合55% 日本酒度+2.5 酸度1.5

蔵元で-5℃で貯蔵した古酒。かすかな山吹色。BYから想像されよりも、はるかに淡い色調に驚く。やはり保管温度が重要だと再認識。老香は無し。酸の熟成感がある厚みのある味わい。アルコールのキレ良く、滋味あふれる味わいは食中酒に最適。旨し!

4)上記の燗酒

燗上がりする酒。甘味が上品で、なめらかな口当たり。含み香がさらに際立つ。大人の燗酒ですね!

5)国香・特別純米(静岡・袋井市)山田錦20% 五百万石80% 精米歩合60% 日本酒度+7 酸度1.3

一見辛口できれいな飲み口。後口のキレが良く、サラリとした酒に利けるがこの酒は実に「手強い」。飲み手の力量が問われる。

6)あぶくま・ひやおろし・純米吟醸原酒(福島) 山田錦・五百万石 精米歩合50~55% 日本酒度+1 酸度1.6

甘く華やかな酒質。アルコールの甘さ感じる。厚みが有りながら、バランスの良さを感じる。優しい飲み口。

7)誠鏡・ひやおろし・こいもみじ・純米吟醸(広島) こいもみじ 精米歩合60% 日本酒度+4 酸度1.3

これぞ「吟醸」という、分かりやすい香り。味の幅有り。

8)志太泉・ひやおろし・純米原酒(静岡・藤枝市) 山田錦 精米歩合60% 日本酒度+6 酸度1.3

含み香が十分。固さを感じる中にも、広がり有り。もう少し時間が欲しい。練れたら「化ける」可能性大。

9)上記の燗酒

50℃のお燗。丸く滑らかではあるが、やや苦みが立つ。人肌燗~ぬる燗がベターか。

10)志太泉・愛山・純米吟醸原酒・22BY(静岡・藤枝市)愛山 *番外のためデータなし。

粗くてパワフル。甘味感じるが、アルコールと分離している印象。バランスが取れていない。まだ時間が必要か?

11)上記の燗酒

21BYに比べ、味の幅が薄く、ストライク・ゾーンが狭い。が、しかし膨らみを感じさせてくれるので、この時点で飲むには燗が良さそうですね。

12)玉鋼・大吟醸・袋取り・斗瓶囲い・無濾過・25BY(島根) 山田錦 精米歩合35% 日本酒度+4 酸度1.1

アルコール18%~19%。さすがにアルコールのキックが強い。香りが良く出た香り吟醸。最初の1杯におススメです。

清酒リスト
P1080027.jpg
萩豆腐
P1080029.jpg
海老芋のから揚げ
P1080030.jpg
御前崎のカツオと簑島のアジ
P1080031.jpg
車海老のにぎり(味噌ダレで)
P1080032.jpg
クロムツと由比のカマスの幽庵焼
P1080033.jpg
すき焼き(松茸も・・・!)
P1080034_20150929221246c6a.jpg
鯛の潮汁で炊いたカブ
P1080035.jpg
箸休め(塩辛)
P1080036.jpg
サンマの土鍋御飯(攪拌前)
P1080039.jpg
サンマの土鍋御飯(攪拌後)
P1080041.jpg
サンマの土鍋御飯(盛付後)
P1080042.jpg
のっぺ汁
P1080043.jpg
チーズケーキ(英君・純米大吟醸の酒粕と清水産の梨をアレンジ) by 「すずとら」様
P1080044.jpg
P1080045.jpg
本日の清酒
P1080047.jpg
9月の日曜日、昼下がりの至福
P1080040.jpg
スポンサーサイト



モンマートつかもと 2015年9月ワイン会(第147回) 報告
2015年9月12日(土)レストラン・ハナハナ様(@静岡市葵区七間町)を会場に、当店9月ワイン会を開催。今回は「カリフォルニア VS ブルゴーニュ」というテーマで、シャルドネとピノ・ノワールの比較をしてみようというものです。残暑の中、8名のメンバーが集まりました♪

「ワイン・メニュー」

1)09年  グラハム・ベック・キュヴェ・クライヴ(スパークリング・白・南ア)

シャルドネ81%、ピノ・ノワール19%。マンデラ大統領の就任式で使用された南アフリカ産スパークリング。泡が盛大で元気。シャンパングラスからも香りが勢い良く広がる。タル香が効いた、厚みのある果実香。白い花、マスカットも。酸がタップリで、口中でもジワリと舌にしみこむ。ボディのしっかりとした佳品ですね!

2)13年 ハートフォード・コート・ルシアン・リヴァー・ヴァレー・シャルドネ(カリフォルニア・白)

2012年ヴィンテージが、ANA国際線ファーストクラスで採用された実績あり。ワイン・スペクテーター87点。明るいイエロー。トップにタル香が「バン!」と鼻孔を直撃。まるで「ムルソー」。強烈なタル香に負けていない、しっかりとした果実味が好印象。まだ若くて固いが、ポテンシャルは高い・・・かと思いきや、何と「5分」で香り・味わい、ともに落ち初める。いわゆる「ウルトラマン・ワイン」ではないですか!? その後、香りはやや復活したものの、味わいは落ちたままで、スカスカの味わい。コルク等の異常は見られなかったので、ボトル・コンディションかも知れません。残念!!

3)12年 ハートフォード・コート・ファー・コースト・ヴィンヤード・ソノマ・コースト・シャルドネ(カリフォルニア・白)

深みのある明るいイエロー。上品なタル香とボリュームのある果実香。ほとんどムルソー・プルミエ・クリュ・クラスの仕上がり。味わいも、ミネラリーな酸と豊かな果実味が広がり、美味。ブラインドならブルゴーニュとの判別が難しい佳品。

4)97年 シュヴァリエ・モンラッシェ・シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ (ブルゴーニュ・白)

濃いゴールドーイエロー。レッグ長い。かすかに貴腐香とノワゼット香。ミネラル、黄色い花。香りは重層的で複雑。酸は十分だが、まだ味わいが開いていない印象。時間とともにわずかに開くが、そのままピークを越えたようです。もう少し早く飲むべきだったかも。

5)09年 ディア・バーグ・ピノ・ノワール・サンタ・マリア・ヴァレー(カリフォルニア・赤)

黒に近い、とても濃いカベルネ的な色調。タル香と濃縮感のある果実香。わずかにミント、ユーカリ。アタックに甘味。たっぷりの果実味が、酸をマスク。時間が経つと、ハーブやオレンジの香り出てくる。NEWワールドのピノらしい、判りやすい1本。旨し。

6)12年 ハートフォード・コート・ファー・コースト・ヴィンヤード・ソノマ・ コースト・ピノ・ノワール(カリフォルニア・赤)

パーカー96点。紫がかった濃いめのガーネット。上品で深みのあるタル香と果実香。カリフォルニアの良年らしい、ボリューム感のある果実味が心地よい。アタックに甘味。ディア・バーグに比べ、タンニン・酸が数段上。リッチな味わい。

7)06年 シャンボール・ミュジニ・1er・レ・オー・ドワ・ロベール・グロフィエ(ブルゴーニュ・赤)

紫がかった濃いめのガーネット。上品なタル香。獣臭。白い花、ミント、紅茶、ヨード香も。時間とともに香りがどんどん開いてくる。アタックにかすかな甘み。タンニン・酸が滑らかで、シルキーな味わい。今飲んでOK。そろそろ飲み頃に入ってきているようです。
美味也!!

本日のワイン
P1070993.jpg
地ハマグリのガーリック・バター焼き
P1070995.jpg
タスマニア・サーモンとビンチョウ・マグロのタルタル
P1070997.jpg
アマダイのロースト
P1070998.jpg
鴨のロティ
P1070999.jpg
クリーム・ブリュレ
「写真撮り忘れました!」
エスプレッソ
「写真撮り忘れました!」
モンマートつかもと 2015年10月ワイン会 参加者募集!
当店10月ワイン会のご案内を申し上げます。
いよいよ赤ワインが美味しくなる季節。
そこでボルドー・サン・ジュリアン・3級
「シャトー・ラグランジェ」から、ビッグ・ヴィンテージ
の2005年、2000年、1995年、1990年、の4本を
チョイス。
白はボルドー・ブラン2本と、シャンパーニュ1本の計7本
でメニューを組んでみました。
皆様のご参加をお待ちしております!

「モンマートつかもと 2015年10月ワイン会」

日時 : 10月17日(土)18:30~21:00
会場 : レストラン・ハナハナ様
会費 : 18,000円(お食事付)
募集 : 先着8名様(最大9名で開催)
予約 : 10月13日(火)までにご予約下さい。

「ワイン・メニュー」

1)NV  ゴビヤール・ブリュット・トラディション(シャンパーニュ・白)
2)12年 シャトー・ド・パランシェール・ブラン(ボルドー・白)
3)12年 クラレンドル・ブラン(ボルドー・白)
4)05年 シャトー・ラグランジェ(サン・ジュリアン・3級)
5)00年 シャトー・ラグランジェ(サン・ジュリアン・3級)
6)95年 シャトー・ラグランジェ(サン・ジュリアン・3級)
7)90年 シャトー・ラグランジェ(サン・ジュリアン・3級)

*参加人数によりワイン本数を増減する場合があります。
 但し4)~7)は確定です。

*3)はシャトー・オー・ブリオンの醸造チームが造るヴァリュー・ボルドー。

--
■(有)モンマートつかもと 塚本雅英
■〒420-0858 静岡市葵区伝馬町9-7
■TEL:054-255-5566
■FAX:054-253-6880
■MAIL:wine@vinvinowein.com
■営業時間:7:30~22:00
■定休日:日曜・祝日