fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブルースハープとワインの会
2015年2月27日(金)「ワークスペース・アオシマ」様を会場に、「ブルースハープとワインの会」が開催され、23名の参加者と、第1部のブルースハープの演奏と、第2部のワインの会を楽しむことができました。
ブルースハープはプロ奏者の山口 牧さん。じゃみらがブルースハープの演奏を聴くのは今回が初めてでしたが、ぬくもりのある音色と豊かな表現力に圧倒されました!テクニックもさることながら、何よりもハートのこもった温かさが伝わってきて、時間の経つのが惜しい程。アッという間の1時間でした♪

素晴らしい演奏の余韻が残る中、じゃみらが担当するワインの会を開始。今回は普段あまりワインに触れることが少ない方々を対象に、ワインの面白さを伝えるべく5種類のワインを用意しました。

「ワイン・メニュー」

1)NV    バルディビエソ・ブリュット・ロゼ(チリ・スパークリング・ロゼ)
2)2013年 シモンシッヒ・ソーヴィニョン・ブラン&セミヨン(南アフリカ・白)
3)NV    サンソ・フリザンテ・ティント(スペイン・弱泡・赤)
4)2013年 レ・クルーズ・カリニャン(フランス・ラングドック・赤)
5)NV    ブルーベリー・グリュー・ヴァイン(ドイツ・グリュー・赤)

果実味の膨らみがあり、優しい甘みが感じられるものを中心に、最後はドイツ産の HOTワインを試していただきましたが、おおむねどのワインも好評(?)だったようです(^^;).

P1120474.jpg
スポンサーサイト



モンマートつかもと 2015年2月ワイン会 報告
2015年2月21日(土)レストラン・ハナハナ様(@静岡市葵区人宿町)で、当店2月ワイン会を開催。今回のテーマは「ヴォーヌ・ロマネ垂直」です。ジャック・カシューを中心に、トリは88年をジョセフ・ドルーアンと比べて見ようという企画です。

「ワイン・メニュー」

1)00年 ピュリニー・モンラッシェ・1er・クラヴォワヨン・ルフレーヴ(ブルゴーニュ・白)

抜栓後にデキャンタージュ。かなり濃いめのイエロー。レッグ長い。凝縮した果実香。ナッツ、ミネラル、白い花。上品なタル香。口に含むと収斂性の酸がキリキリと舌の両側を締め付ける。ものすごい酸の量とエッジの鋭さに驚く。しかもこのワイン、10分ごとに香りと味わいが「開く→閉じる→開く→閉じる・・・」を繰り返しジェット・コースターの様!。抜栓から会の最後まで(2時間30分後)この繰り返し。15年を経過しても、この巨大な酸・・・。飲み頃は果たして来るのだろうか?

2)98年 シャサーニュ・モンラッシェ・レ・グラン・リュショット・ルイ・ジャド(ブルゴーニュ・白)

抜栓後にデキャンタージュ。赤銅色でテリの有るとても濃い色調。外観からもかなり熟成が進んでいることが容易に判別できる。トップにノワゼット香、というよりシェリー香。味わいも酸が弱く、酸化熟成により、もはや「過熟」状態・・・。コルクに異常は無し。「ボトル・コンディション」の可能性が大。

3)08年 ヴォーヌ・ロマネ・オー・レア・ジャック・カシュー(ブルゴーニュ・赤)

紫がかった明るいガーネット。香りの広がりが弱く、まだ若い。アタックにかすかな甘み感じるが、基本的にはドライな味わいで、舌の両側に酸が残る。いわゆる「酸っぱい」ワイン。時間の経過とともに、ポテンシャルの片鱗を見せ始め2時間後でも味わいをキープ。これからの熟成が楽しみな1本。

4)07年 ヴォーヌ・ロマネ・レ・シャランダン・ジャック・カシュー(ブルゴーニュ・赤)

かすかにオレンジが入った濃いめのガーネット。かすかな甘み。ヴィンテージから想像される香りと味わいのイメージからは乖離した厳しい味わい。これもまだ閉じており、広がらない。残念!!

5)88年 ヴォーヌ・ロマネ・ジャック・カシュー(ブルゴーニュ・赤)

エッジまで色が入った、ややくすんだガーネット。香りはいわゆる「獣臭」が全開!赤い果実、紅茶、オレンジの香り。香りのヴォリュームが豊か。味わいは未だに酸が固く、果実味とのバランスが取れていない。この酸がこなれるまで、果実味が残っているのだろうか・・・?

6)88年 ヴォーヌ・ロマネ・ジョセフ・ドルーアン(ブルゴーニュ・赤)

エッジが透明になった淡いガーネット。レッグとても長い。紅茶、スーボワ。熟成が進んだピノ・ノワールの香りの典型。酸・果実味ともに丸く、なめらか。ピークを過ぎて、下り坂に入り始めた様です。5)との対比が面白い1本ですね。

本日のワイン
P1070551.jpg
魚貝のマリネ
P1070552.jpg
若鶏のテリーヌとウニのタルトレット
P1070553.jpg
黒鯛のポワレ
P1070554.jpg
子羊のロースト
P1070555.jpg
デザート(苺のジュレ)
P1070557.jpg
エスプレッソ
P1070558.jpg

モンマートつかもと 2015年3月ワイン会 参加者募集中!
立春を過ぎ梅の便りが届く季節と
なりました。
当店3月ワインのご案内を申し上げます。

今回のテーマは「シャトー・ポンテ・カネ垂直」。
ポイヤック・5級の実力派を3ヴィンテージ試した後に
にやはりポイヤック・5級の「95年 シャトー・ダルマイヤック」
との比較をして見たいと思います。
ボルドー高騰の中、今回のラインナップは、貴重な機会だと思います。
皆様のご参加をお待ちしております!!


「モンマートつかもと 3月ワイン会」

日時 : 2015年3月28日(土)
会場 : レストラン・ハナハナ様
会費 : 18,000円(お食事付)
募集 : 8名様(最大9名で開催)
予約 : 3月23日(月)までにご予約下さい。

「ワイン・メニュー」

1)NV   ロゼ・インペリアル・モエ・エ・シャンドン(シャンパーニュ・ロゼ)
2)00年 ムルソー・セリエ・デ・ウルシュリーヌ(ブルゴーニュ・白)
3)99年 サン・ロマン・セリエ・デ・ウルシュリーヌ(ブルゴーニュ・白)
4)05年 シャトー・ポンテ・カネ(ポイヤック・5級)
5)96年 シャトー・ポンテ・カネ(ポイヤック・5級)
6)95年 シャトー・ポンテ・カネ(ポイヤック・5級)
7)95年 シャトー・ダルマイヤック(ポイヤック・5級)

*参加人数によりワイン本数を増減する場合が有ります。
 但し4)~7)は決定です。


--
■(有)モンマートつかもと 塚本雅英
■〒420-0858 静岡市葵区伝馬町9-7
■TEL:054-255-5566
■FAX:054-253-6880
■MAIL:wine@vinvinowein.com
■営業時間:7:30~22:00
■定休日:日曜・祝日