fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

BUONO BOUNO様主催 2014年1月ワイン会
2014年1月26日(日)BUONO BOUNO様主催の1月ワイン会のワイン・コーディネートとサーヴィスを担当させて頂きました。会場は「志(こころ)」様(@静岡市葵区人宿町)。
今回のテーマは「イヴ・ボワイエ・マルトノ比較」です。

「ワイン・メニュー」

1)13年 ル・カノン・ロゼ・プリムール・ラ・グランド・コリーヌ(コート・デュ・ローヌ・ロゼ)

2)09年 ムルソー・レ・ナルヴォー・イヴ・ボワイエ・マルトノ  

3)08年 ムルソー・レ・ナルヴォー・イヴ・ボワイエ・マルトノ 
 
4)09年 ムルソー・1er・ジュヌヴリエール・イヴ・ボワイエ・マルトノ
      
5)08年 ムルソー・1er・ジュヌヴリエール・イヴ・ボワイエ・マルトノ
      
6)08年 ピュリニー・モンラッシェ・1er・レ・カイユレ・イヴ・V・マルトノ
      
7)07年 NSG・1er・レ・プティ・プレ・ドメーヌ・ラルロ

8)??  ブラインド(赤ワイン)

今回は和食とブルゴーニュの白・赤のマリアージュを楽しもう、という趣旨でメニューを構成。
最後のブラインドの答えは・・・
「2009年 ボジョレ・レ・カンペルティエ」
8名の参加者中、何と2名の方が見事に、ヴィンテージ、品種、国名、エリア名、の4つを正解!(パチパチ・・・)
日曜日の午後を、こころ様の料理と、ワインでゆっくりと楽しむことができました。
もちろん、2次会でBUONOさんになだれ込んだのは、いつもの通りです・・・(^^;)。

P1060867.jpg
P1060868.jpg
P1060869.jpg
P1060870.jpg
P1060871.jpg
P1060872.jpg
P1060873.jpg
P1060874.jpg
P1060878.jpg

      


スポンサーサイト



モンマートつかもと 2014年3月ワイン会(第131回) 参加者募集!
当店3月ワイン会のご案内です。

今回のテーマは、当店ワイン会では2回目となる
カリフォルニアの雄「ドミナス 垂直」です。
白ワインもナパとソノマで、久しぶりの
カリフォルニア特集となりました。
皆様のご参加をお待ちしております!

「モンマートつかもと 3月ワイン会」

日時 : 3月15日(土)18:30~21:30
会場 : レストラン・ハナハナ様
会費 : 18,000円(お食事付)
募集 : 先着8名様(最大9名で開催)
予約 : 3月10日(月)までにご予約下さい。

「ワイン・メニュー」

1)01年 J・ラサール・ブラン・ド・ブラン・ブリュット(シャンパーニュ・白)
2)09年 スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ・カリア・シャルドネ
       (カリフォルニア・白)
3)04年 キスラー・レ・ノワゼッティエール・ソノマ・コースト(カリフォルニア・白)
4)09年 ナパ・ヌック・ナパ・ヴァレー(カリフォルニア・赤)
5)07年 ドミナス(カリフォルニア・赤)
6)04年 ドミナス(カリフォルニア・赤)
7)96年 ドミナス(カリフォルニア・赤)

*4)はドミナスのセカンド・ラベルです。
*参加人数によりワイン本数を増減する場合があります。
 但し5)~7)は確定です。

--
■(有)モンマートつかもと 塚本雅英
■〒420-0858 静岡市葵区伝馬町9-7
■TEL:054-255-5566
■FAX:054-253-6880
■MAIL:wine@vinvinowein.com
■営業時間:7:30~22:00
■定休日:日曜・祝日

ピノクラブ 第383回 ワイン会に参加しました!
2014年1月21日(水)「ラ・トランキリテ・ドゥ・レスプリ」(@愛知県豊橋市)で開催された、ピノクラブ・ワイン会に参加させて頂きました。今回のテーマは「ニュージーランド・ワイン」。
主催者の道草さんが、スキーで訪問したNZで飲んだワインがあまりに美味しく、何と個人輸入(日本では流通していないので)したワインを中心に、興味深いワインが並びました。

「ワイン・リスト」
       
1)2007 Pelorus(Cloudy Bay)                     個人輸入
2)2011 Les Beaux Cailloux(Craggy Range)          個人輸入   
3)2010 Coniglio Chardonnay(Morton)               個人輸入
4)2002 Coniglio Chardonnay(Morton)               国内流通
5)2003 Lippon Pinot Noir(Lippon)                 国内流通
6)2010 Pipeclay Terrace Pinot Noir(Mt.Difficulty)     個人輸入
7)2007 LongGully Pinot  Noir(Mt.Difficulty)          国内流通
8)2009 Reserve Pinot Noir(Gibbston Valley)          個人輸入  

*1)泡 2)~4)シャルドネ 5)~8) ピノ・ノワール

「じゃみらのコメント」

1)細かい泡。持続性とても長い。厚み有り。PNとCHR。冷涼な土地のイメージ。ドライでシャープな味わい。アフターも硬質な印象。

2)淡いグリーンがかったイエロー。レッグ長め。ハチミツ、ミネラル、華やかな果実香。香水のイメージも。上品でチャーミングな酸。若いVTのクラウディー・ベイの様。冷涼な土地を連想。グラスで30分で味わいが落ち始める。

3)かすかにグリーンがかった淡いイエロー。レッグとても長い。ハチミツ、竹の子、ミネラル、タル香、樹脂。かすかに酢酸。酸は十分にあるが、それを覆い隠すほどの果実味がたっぷり。いかにもNEW。

4)エッジが透明なやや濃いめのイエロー。レッグ長め。タル香が強く、ムルソーの様。かすかに酸化が進んだ印象。ノワゼット香も。香りの出方がいかにもNEW。

5)熟成感のあるやや濃いめのガーネット。レッグやや長め。新タルの香り、インク、スミレ。フラワリーな香りが強く、やはりNEWのイメージか、・・・と思っていたら、1時間後には、まるでOLDのような香りと味わいに見事に変身!! 驚きました。

6)エッジまで色が入った濃いめのガーネット。みかん缶詰のシロツプの香り。香りは閉じているが、味わいは開きかけている。アタックに甘み。酸とタンニンのバランスがまだ。10分程で抹茶の香りも。

7) エッジまでキッチリと色が入った濃いめのガーネット。みかん缶詰のシロップの香り。アタックにやさしい甘み。こなれた味わいでGOOD! これが最もOLDに近いと感じられました。 美味し!

8)紫がかった濃い目のガーネット。レッグ長め。焦げたロースト香。甘くエキゾチックな香り。酸は薄く、ソリッド。

今回のNZは何れもレベルは極めて高く、NEWとOLDの差が一段と迫りつつあることが実感できる、良い機会となりました。まだまだ知られていないNEW・WORLDの奥は深いですね!

今回は初めて訪問した「ラ・トランキリテ・ドゥ・レスプリ」は、隠れた一軒家のフレンチ・レストラン。豊橋駅から車で約12・3分の住宅地の中なので、タクシーでもたどり着けないかも? 雰囲気、料理、サーヴィスともに上々のお店と拝見いたしました。 http://loco.yahoo.co.jp/place/00435fac2545427269b6f91b15171fea49f6f3f4/

エントランス
P1060854.jpg
テーブル・セッティング
P1060855.jpg
ワタリガニのキッシュ
P1060858.jpg
カナダ産オマール海老のロースト、帆立のフリカッセ、サフラン風味のソース、むかごを添えて
P1060859.jpg
国産牛・ホホ肉のロースト・赤ワインソース
P1060860.jpg
デザート
P1060861.jpg
エスプレッソ
P1060865.jpg
ワインリスト
P1060857.jpg
本日のボトル
P1060863.jpg



     
モンマートつかもと 2月ワイン会「満席」のお知らせ
2月15日(土)開催予定の、「モンマートつかもと・2月ワイン会」は本日「満席」となりました。
エントリー戴いた皆様に御礼申し上げます!

なお3月ワイン会は15日(土)、テーマは「ドミナス垂直」を予定しております。詳細決まり次第当ブログにアップ致します。


静岡のお茶の味
最近行った数軒の和食の飲食店で感じたこと、それはお茶の入れ方の違いです。いずれも店構え、メニュー、サービスの程度は県外からのお客様や会社の接待にも使えるレベルの美味しいお店です。料理、お酒ともに満足して、さて締めにお茶を一杯、という時に出されるお茶が「熱過ぎる」ことが何度かありました。おそらくアルバイトさんが電気ポットの95℃をそのまま急須に注いで出したのではと思われます。静岡は観光に力を入れ、主要産業の一つであるお茶の販売と消費拡大に力を注いでいるはずですが、肝心の地元の和食店の呈茶のレベルがバラバラなのは大きな問題だと思うのですが・・・。地産の食材を使った折角の美味しい料理と酒が、最後の一杯で台無しでは、茶所・静岡としてはあまりに寂しい限りです。

がっかりすることが多い中でこの2軒の呈茶のレベルの高さに瞠目。もちろん料理、酒、サービスも上々なのはもちろんです。終わりよければ全て良しですね。

「炭焼き鰻 瞬」 「旬菜 武市」 
モンマートつかもと 2014年2月ワイン会(第130回) 参加者募集!
モンマートつかもと「2014年2月ワイン会」参加者
募集中です!
今回のテーマは「エシェゾー・垂直」。
当店ワイン会でも初めての企画です。また
2ヴィンテージですが、コルトン・シャルルマーニュ
をメニューに加えて、全てグラン・クリュ(GC)と
なりました。
皆様のご参加をお待ちしております!

「モンマートつかもと 2月ワイン会(第130回)」

日時 : 2月15日(土)18:30~21:30
会場 : レストラン・ハナハナ様
      静岡市葵区人宿町1-3-12
      TEL:054-221-0087
会費 : 18,000円(お食事付)
募集 : 8名様(最大9名で開催)
予約 : 2月12日(火)までにご予約下さい。

「ワイン・メニュー」

1)NV  レグラス・エ・アース・GC・ブラン・ド・ブラン(シャンパーニュ・白)
2)06年 コルトン・シャルルマーニュ・GC・ルイ・ラトゥール(ブルゴーニュ・白)
3)97年 コルトン・シャルルマーニュ・GC・ルイ・ラ トゥール(ブルゴーニュ・白)
4)07年 エシェゾー・GC・ジャック・カシュー(ブルゴーニュ・赤)
5)98年 エシェゾー・GC・クリスチャン・クレルジェ(ブルゴーニュ・赤)
6)96年 エシェゾー・GC・ジャン・ピエール・ミュニュレ(ブルゴーニュ・赤)   
7)95年 エ シェゾー・GC・ジャン・ピエール・ミュニュレ(ブルゴーニュ・赤) 

*ご参加人数によりワイン本数を増減する場合があります。
 但し4)~7)は確定です。 

--
■(有)モンマートつかもと 塚本雅英
■〒420-0858 静岡市葵区伝馬町9-7
■TEL:054-255-5566
■FAX:054-253-6880
■MAIL:wine@vinvinowein.com
■営業時間:7:30~22:00
■定休日:日曜・祝日

モンマートつかもと 2014年1月ワイン会(第129回)報告
2014年1月18日(土)ハナハナ様(@静岡市葵区七間町)を会場に、当店1月ワイン会を開催。今回のテーマは「オレゴン・ピノ・ノワール垂直」です。アメリカ・オレゴン州産ピノ・ノワールの実力を、かねてから確かめてみたいと思っていたのがようやく実現しました。特に88年ヴォーヌ・ロマネとオレゴン・ピノとの比較には、興味が尽きません。〆には04年のムルソー・赤・コシュ・デュリという、珍品(!)を配置してのワイン会です♪

*「ドメーヌ・ドルーアン」は1988年にアメリカ オレゴン州のウィラメットバレーに、ジョゼフ・ドルーアンが設立したワイナリー。ドルーアン・ファミリーの長女ヴェロニクが、ワインメーカーを努めています。今回はそのファースト・ヴィンテージの88年を、本家ジョセフ・ドルーアンのヴォーヌ・ロマネと比較してみよう、という企画です。

「ワイン・メニュー」

1)08年 ムルソー・1er・ジュヌヴリエール・イヴ・ボワイエ・マルトノ(ブルゴーニュ・白)

輝きのあるやや濃いめのイエロー。レッグは長め。かすかにスモーキーさのある上品な果実香。白い花、ミネラル等の複雑な要素が感じられるが、まだ開いていない。酸のボリュームが程よく、前菜のマリネに良くマッチして、グラスが進む。まだまだ若い。アフターは長く、余韻がとてもきれい。グラス内の温度上昇とともに香りが広がり出して、30分後には完熟した見事な香りがグラスに充満!!何とも華やかでゴージャスな香りに変化して、そのまま会の終わりまで(3時間後)持続。味わいも落ちることなくきっちりとした構成は崩れませんでした。このワインは時間をかけて、じっくりと味わわないとその真価に気づく前に飲み干してしまうことに。価格(当店売価@7,350円)を超えた素晴らしい味わいだと思います。

2)95年 オレゴン・ピノ・ノワール・ドメーヌ・ドルーアン(アメリカ・オレゴン州・赤)

かすかにオレンジの入った鮮やかなガーネット。フランボワーズ、タル、樹脂、なめし皮等の甘みを連想させる香り。味わいは最初に甘みを感じ、上品な酸がおだやかに口中に広がる。ブルゴーニュ的な印象が強く感じられ、ブラインドなら
NEWとは言わないかも・・・。アフターに残るわずかな「強さ」にしか差異を見つけられませんでした。見事に想像を裏切った佳品ですね!!

3)94年 オレゴン・ピノ・ノワール・ドメーヌ・ドルーアン(アメリカ・オレゴン州・赤)

紫がかったやや濃いめのガーネット。1)よりも色調が若い。熟した果実香。鉄さび、ブルーベリー、焦げ臭。タンニンと酸が豊か。味わいは1)よりもソリッドに感じられまだまだ若さを感じる。94年にもOLDのニュアンスが感じられる。美味。

4)91年 オレゴン・ピノ・ノワール・ドメーヌ・ドルーアン(アメリカ・オレゴン州・赤)

エッジまで色が入ったやや濃いめのガーネット。香りは良く熟した果実香が華やかで好印象。アタックに甘み感じ、その後から、しっかりとした酸。タンニンはやや硬く厳しい。このワインは香りから想像されるイメージと実際の味わいのギャップが大きい。例えれば、前奏曲だけで主題が抜け落ちた交響曲でしょうか・・・。グラスに10分で香り・味わいともドロップ。ワインの前半分だけで、後ろが無い、何とも不可解なワインでした。

5)88年 オレゴン・ピノ・ノワール・ドメーヌ・ドルーアン(アメリカ・オレゴン州・赤)

ファースト・ヴィンテージのPN。明るめのガーネット。かすかにプラスチックの香り。ピークを過ぎて果実香が落ちている。酸とタンニンはそこそこ感じられるが、構成がゆるんださびしい味わい。ボトル・コンディションの可能性もありますが、このボトルに関しては26年の熟成に耐えられなかったようです。残念。

6)88年 ヴォーヌ・ロマネ・ジョセフ・ドルーアン(ブルゴーニュ・赤)

淡いガーネット。うすい色調。タル、土。タンニンと酸が丸く穏やか。すでにピーク・オーバーで、下り坂の途中。「ブルータス、お前もか」。この時代のジョセフ・ドルーアンで当たりを探すのは難しい様です。

7)04年 ムルソー・コート・ド・ボーヌ・コシュ・デュリ(ブルゴーニュ・赤)

ボトル・ナンバー「00412」。濃いめのガーネット。深く濃い香り。よく熟した果実香。上品なタル香。みかん缶詰のシロップの香り。アタックに豊かな果実味とやさしい甘み。酸はタップリだが、それをマスクする果実味が印象的。アフターも長く、余韻が華やか。さすが!の1本。コート・ド・ニュイのトップ・ワインに比肩する構成の大きさは感じられませんでしたが、極めて美味であることは間違いなし。

本日のワイン
P1060846.jpg
コチとサヨリのマリネ
P1060847.jpg
白子のムニエル
P1060848.jpg
サーモンのコトリアット(ブルターニュ風)
P1060849.jpg
子羊のロースト
P1060850.jpg
デザート(ブリュレ)
P1060851.jpg
エスプレッソ
P1060852.jpg
2013年→2014年 越年カウントダウン・ワイン会
2013年12月31日(火)22:45に「BUONO BOUNO]さんに到着。恒例のカウントダウン・パーティーの開始。すでに4名が先着。23:00前には7名が揃い、ワインを飲みながら、新年を待ちます。

1)NV  レグラス・エ・アース・GC・ブラン・ド・ブラン・ブリュット(シャンパーニュ・白)
2)08年 ピュリニー・モンラッシェ・レ・リュショー・イヴ・ボワイエ・マルトノ(ブルゴーニュ・白)
  *2を開けた後でじゃみらが到着。グラスで分けて頂きました。美味!!
3)09年 ニュイ・サン・ジョルジュ・1er・クロ・デ・ラルロ・ブラン・ドメーヌ・ラルロ(ブルゴーニュ・白)
4)00年 フィリポナ・クロ・デ・ゴワセ・ブリュット(シャンパーニュ・白)
  *このボトルの抜栓でカウント・ダウン。明けましておめでとうございます!
5)10年 プイィ・フュイッセ・ラ・ヴェルシェール・ダニエル・エ・マルティーヌ・バロー(ブルゴーニュ・白)
6)03年 クロ・ヴージョ・ジャン・グリヴォー(ブルゴーニュ・赤)
7)07年 バローロ・ピッコロ・ヴィーニュ・オベルト(イタリア・ピエモンテ州・赤)

それにしても、よく飲むなぁ~。酔っぱらってしまいワインのコメントは割愛。どれも美味しかったというおぼろげな記憶が・・・。

2014年も皆様にとって良い年でありますことをお祈り申し上げます。
本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

P1060802_20140103124141f90.jpg
P1060804_201401031242074de.jpg