fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ボジョレ・ヌーボー飲み比べパーティー 参加者募集中!
2011年産ボジョレ・ヌーボーを飲み比べるパーティーの参加者を募集しています。

主催は「BUONO BOUNO」さん。今年で9回目となるこの会は、色々な造り手のヌーボーを飲み比べながら楽しんでしまおう、という趣旨で毎年ワイワイ、ガヤガヤ、楽しく開催しています。

会場の「ラ・タッツア」さんの美味しいイタリア料理は毎年大好評で、お腹も大満足♪

「ワイン・メニュー」

①2011年  マコン・ヴィラージュ・ヌーボー・テール・セクレット(白)
②2011年  ボジョレ・ロゼ・ヌーボー・リュエ(ロゼ)
③2011年  ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボー・グリフェ(赤)
④2011年  ボジョレ・ヌーボー・ルー・デュモン(赤)
⑤2011年  ボジョレ・ヴァン・ド・プリムール・フィリップ・パカレ(赤)
⑥2011年  ボジョレ・ヌーボー・マルセル・ラピエール(赤)
⑦2011年  ボジョレ・ヴィラージュ・プリムール・ラパン・シャソルネイ(赤)
⑧2011年  ボジョレ・ヴィラージュ・プリムール・ルロワ(赤)

日時 : 11月19日(土)14:00から
会場 : 「ラ・タッツア」さん
      静岡市葵区人宿町1-4-3 レ・サンクビル 1F
      TEL:054-251-0807
会費 : 7,000円(お食事付き)

お申し込み : 「モンマートつかもと」まで
         TEL:054-255-5566
         Mail : wine@invinowein.com
スポンサーサイト



アンチ・エージング・ワイン!?
P1040958.jpg

アンチ・エージング・ワインのご紹介です(画像をクリックすると拡大します)。

06年 レ・セップ・メルスネール・ヴィヌメンテス(赤・ローヌ) 750ml @1,650円

自然派のベテラン「ヤン・ロエル」がネゴシアンとしてリリースするワイン。
    
このワインを750ml摂取すると、ラベル表示の様に「後期高齢」→「熟年」→「青年」になったかのような高揚感が得られる場合があります。

但し効果の持続時間は極めて短かく酔いがさめる頃には消失してしまうという特性があります。

なお効果は飲用者の体質により発現しない場合が有ることを、広い心でご理解下さい(^^;)。

出張ワイン・サーヴィス
2011年10月14日(金)当店のお客様がお求めになった「96年 CHラグランジェ」をサーヴィスするため両替町の和食のお店「Bさん」へ出張。ご依頼が前日だったので、定温でオリを下げた状態のボトルを、揺らさないように静かに運搬。抜栓とデキャンタージュをして退散。

オリがあるワインを良い状態で飲んでいただくには、オリ下げ、温度管理、デキャンタージュ等が必要ですが、ソムリエさんがいないお店ではなかなか難しいと思います。

原則当店でお買い上げいただいたワインなら、以下のようなサーヴィス(無料)を承っています。

1)使用当日まで当店セラーでワインお預かり
2)ご自宅や料飲店へ出張しての抜栓・デキャンタージュ(当方の都合付けばですが)
3)デキャンター等の抜栓用具の貸し出し

オールド・ヴィンテージワインは扱いに手間がかかりますが、うまくサーヴィスできれば至福の時間を楽しむ事が出来ます。そのためのお手伝いなら喜んでお受け致します。お気軽にご相談下さいませ。
「SOLOIO」さん開店!
2011年10月15日(土)16:00、当ビル1階北側にイタリアーノ「SOLOIO](ソーロイオ)さんがOPENしました。

店名のSOLOIOは、イタリア語で「私だけの」という意味と、シェフが好きなSOLOIOという赤ワイン(カーサ・エンマが造るメルロー100%のワイン)に因んだもの。

白とこげ茶を基調にした、シンプルながら暖かみのある店内は、カウンター8席、テーブル16席。
オーナー・シェフの加藤隆彦さんは「ヴィア・デル・ボルゴ」(@静岡市葵区)料理長から独立して、開業されました。

13日(木)プレ・オープンのご招待で、家族3名でご馳走になりましたが、確かな腕で北イタリアの味を美味く表現されていました。中でも「ポルチーニのリゾット」は絶妙な味わいで、クセになりそうな程。これだけでも赤ワインが進みますね!

ワインリストも充実。グラスやサーヴィスもOK。気軽にプレートとワインを楽しめるお店として、ぜひご利用下さい。
ワインの相談はソムリエールの小沢さんまで♪

営業時間 : 16:00~24:00
*ランチは10名以上から予約出来ます。お問い合わせ下さい。
定休日  : 月曜日
住所   : 静岡市葵区伝馬町9-7 塚本ビル 1F北側
TEL  : 054-260-4637
タバコ  : 16:00~20:00までは禁煙タイムとなっております。
ワイン持ち込み : 1本@1,500円でOKです

P1040927.jpg
P1040928.jpg
P1040929.jpg
P1040930.jpg
秋の持ち寄りワイン会@Tさん
2011年10月3日(月)和食「Tさん」(@静岡市葵区呉服町)で、恒例・季節の持ち寄りワイン会「秋の号」を開催。メンバーはSさん、Nさん、じゃみらの3名。

「ワイン・メニュー

①96年 クラマン・ギイ・ラルマンディエ・ブラン・ド・ブラン(白・シャンパーニュ)

抜栓時にコルクが瓶口に密着していて、開けるのにかなりの力が・・・。何とか開栓に成功。コルクはかなりやせていました。ホスト・テスト用にグラスに注ぐも、全く泡が立たない!!30年以上ワインに関わっていますが、泡が立たないシャンパーニュはこれが2本目です。
口中でもガスを感じることはなく、ノワゼット香、やせた酸味、短いアフター。リンゴ果汁。ドライでシェリーを思わせる味わい。味わいの要素がバラけている。コルク不良で密閉が保てずにガスが抜けてしまったようです。
残念!

②09年 初亀・亀(純米大吟醸・1800ml)

Tさんの差し入れの銘酒。白ワイン用グラスの使用で、香りが見事に開花。ふくよかで、気品のある上立ち香。香りの奥の深さが素晴らしい。かすかな甘みと伸びのある酸味が見事に調和。杜氏さんが交代する前のラスト・ヴィンテージ。貴重な1本を戴くことが出来、ラッキーでした!Tさん、有難うございます。

③92年 ピュリニー・モンラッシェ・1er・ネゴシアン・ルロワ(白・ブルゴーニュ)

輝きのあるきれいなイエロー。レッグ長い。きれいな熟成を遂げた逸品。上品なタル香、熟成した落ち着きのある
果実香が印象的。酸の量は十分で、まだまだ熟成しそう。時間とともに香りが次第に開いてくる。アフターも長めで、きれいにフェードアウト。熟成のポテンシャルはなりのレベル。さすがのネゴシアンですね。

④83年 シャトー・パルメ(赤・ボルドー)

エッジまでしっかり色が入った、濃い目のガーネット。香りはわずかにスーボワのイメージ感じられるが、まだまだ若さ充分。タル、スモーキー、土、甘草、ユーカリなどの香りのヴォリュームが豊か。タンニンと酸がうまくこなれた丸い味わいに感銘。どこにも破綻が見られない、見事な熟成。ブラヴォー!

昨日解禁となった遠州灘の「河豚」と、届いたばかりの「松茸」。季節の食材をふんだんに使った何とも贅沢な一時を過ごすことが出来ました。〆の松茸御飯の香りの高さに悶絶。

P1040824.jpg
P1040825.jpg
P1040826.jpg
P1040827.jpg
P1040828.jpg
P1040829.jpg
P1040830.jpg
P1040831.jpg
P1040832.jpg
P1040833.jpg
P1040834.jpg
P1040836.jpg
P1040837.jpg
P1040838.jpg
P1040839.jpg
P1040835.jpg