fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

2011年4月 BUONO BOUNO様 ワイン会
2011年4月29日(金)「なつめ」さん(@静岡市葵区研屋町)を会場に「BUONO BOUNO」さんのワイン会が開催され、じゃみらがワイン・サーヴィスと説明を担当させて戴きました。今回のテーマは「春を満喫~ロゼ・ワインで乾杯!~」。ロゼ・ワインには中華料理を、というじゃみみらの提案に坊野さんが選んだお店が「なつめ」さん。広東料理のお店で、じゃみらは初めて利用させていただきましたが、清潔な店内とエスプリの利いたお皿の数々に魅了されました。 http://na2me.eshizuoka.jp/

「ワイン・メニュー」

①NV ル・カノン・ロゼ・プリムール(ローヌ・ロゼ)

坊野さんご提供のリスト外の1本。桜のエチケットでお馴染みのロゼ・プリムール。かすかなガスが爽やか。華やかな香りと辛口だがやさしい味わい。にごりも気にならない。過去3ヴィンテージでは、今年が一番バランスが取れていたと感じました。

②NV ラ・ヴィアン・ロゼ(ロワール・ヴァン・ムスー・ロゼ)

テリの強い鮮やかなチェリー・ピンク。かすかな甘みの後から、生き生きとした酸が広がる。泡も盛大で、ストロベリーの香りが華やか。「バラ色の人生」というネーミングにふさわしい、華のあるヴァン・ムスー。

③NV クレマン・ド・ブルゴーニュ・ロゼ・ルー・デュモン(ブルゴーニュ・クレマン・ロゼ)

盛大で細かい泡。輝きのあるチェリー・ピンク。ピノ・ノワールの香りが繊細で上品。酸も程良く、ウエル・バランス。アフターも長く、キレイに消えてゆく。過不足無く、今飲んで最高に楽しめるクレマン。

④09年 シャヴィニョール・ロゼ・パスカル・コタ(ロワール・VDT・ロゼ)

本来ならサンセール・ロゼのはずがVDT(ヴァン・ド・ターブル)に格下げ。インポーター資料では、パスカル所有の土地を市が駐車場にしたいと申し入れ、拒否したところこのような理不尽な仕打ちをうけたそうです。ヴィンテージ記載は出来ませんが、ロット・ナンバーならOKなので、エチケットには「LOT 2009」と表記されています。やや淡いサーモン・ピンク。香りはとてもやさしく、気品を感じる。赤い果実、花、の香りがグラスに広がる。味わいは実になめらかで、かすかな甘みの後から、酸が伸びやかに広がる。参加メンバーから「これ、おいしいー!」の声多数。パーカー90点も納得出来る、極めて上質なロゼ。

⑤08年 ウイスパリング・エンジェル・ロゼ・シャトー・デスクラン(プロヴァンス・ロゼ)

天使のエチケットがお洒落。フランスなのに何故か英語表記の「天使のささやき」。明るく輝きのあるチェリー・ピンク。グロゼイユ、スパイス、ハーブの香り。酸がキリットした辛口だが、口中ではまろやかさも感じる。ミネラル感もあり、魚貝料理にピッタリ合います。

⑥NV ル・カノン・ロゼ(ローヌ・ロゼ)

NVですが2007年ヴィンテージ。じゃみらのセラーに残してあった最後の1本。わずかににごりのある退色して褐色が入ったロゼ・カラー。香りはまだ充分残っていて「ミュスカダンブール種」の甘い香りが心地良い。味わいは、アタックのやさしい甘みのあとから、旨みがじんわりと広がる。酸もしっかり有り、アフターも長くきれい。まだ1~2年は十分に飲めそうですね。これも参加者の評価が高かった1本。

⑦04年 サン・ジョセフ・レ・ゼディル(ローヌ・赤)

スパイシーな料理対策として選んだ1本。オリエンタル・スパイス、土、鉄の香り。7年の熟成でもまだ若さを感じる程の構成の確かさ。アタックに甘みを感じ、タンニン、果実味、酸がパワフルに押してくる。まだまだ熟成しそう。山椒にも対抗できます。

⑧01年 コルトン・グラン・クリュ・ルー・デュモン(ブルゴーニュ・赤)

濃い目の輝きのあるガーネット。デキャンターの際にかなり大きめのオリが舞っていましたが、味わいは問題なし。華やかで濃密な果実香がグラスいっぱいに広がる。上品な甘みと目の詰まったなめらかなタンニンが心地よい。酸も十分だが、角が丸くなった印象。レッグ長く、エキスの濃さを感じる。締めの1本にふさわしい佳品。
ブラヴォー!
P1040534.jpg
P1040536.jpg
P1040537.jpg
P1040538.jpg
P1040539.jpg
P1040540.jpg
P1040541.jpg
P1040542.jpg



スポンサーサイト