fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

モンマートつかもと 2010年3月ワイン会
2010年3月28日(日)当店3月ワイン会を、ハナハナ本店様(@静岡市葵区七間町)を会場に開催。今回のテーマは「88年 ボルドー水平」です。

「ワイン・メニュー」

①NV エグリ・ウリエ・ブリュット・トラディショナル(シャンパーニュ・白)

ハチミツ、赤いリンゴ、ミネラル、の香り。酸のヴォリュームがタップリ。味わいなドライでシャープな印象。でもその奥に厚みのあるボディが隠されている。

②00年 クロ・レベルグ・ピノ・グリ・マルク・クライデンヴァイス(アルザス・白)

濃い目のイエロー。レッグがとても長い!果実味豊かで、リッチなボディ。こなれた上品な酸が十分で、まだ熟成しそう。

③06年 アルザス・マルセル・ダイス(アルザス・白)

ベルグハイムの畑からピノ・ブラン、リースリング、ゲヴュルツトラミネールが70%。ピノ・ノワール、ピノ・グリ、ミュスカ、シルヴァーネルが30%、というマルチ・ブレンド・ワイン。
アタックにわずかな甘み。ゲヴの特徴香とリースリングのゴム臭。グリーンな香も。酸は穏やかで、アフターに少しの苦味。ヒューゲルのジョンティよりやさしい味わい。

④88年 シャトー・レヴァンジル(ポムロール・赤)

エッジまでしっかりと色。少しオレンジの色調も。熟成香タップリ。まさにスーボワ。アタックにかすかな甘み。
酸とタンニンの角が摩滅して、ややピーク・オーバーか。アフターが短く、香りから期待されるイメージに届かないのがもどかしい。味わいの後ろ半分が抜けてしまった感じですね。グラスに10分で香り、味わいとも急速に落ち始める。

⑤88年 シャトー・パヴィ(サン・テミリオン・赤)

エッジまでしっかりと色が入った、まだ若さ感じさせる色調。アルコール感タップリで、酸とタンニンも十分。未だタニックで、香り、味わいともに閉じ気味。固いワインでした。

⑥88年 シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ(サン・ジュリアン・赤)

まだ紫(!)が残る、健全で若さ感じさせる色調。深く、気品ある熟成香。土、鉄、等のアーシーな香り。味わいはなめらかさも少し出てきているが、基本はまだ若くてタニック。まだまだ熟成しそうです。

⑦88年 シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド(ポイヤック・赤)

エッジまで完璧に色が入った濃い目のガーネット。上品でクラスを感じさせる、素晴らしい香り!森の下草、完熟した腐葉土の香り。アタックにやさしい滋味あふれる甘さ。なめらかな舌触りで、まさにシルキー。ブラヴォー!



スポンサーサイト



BUONO BOUNO様 2010年2月ワイン会
2010年2月14日(日)BUONO BOUNO様主催のワイン会が、鳥料理の名店「チャボ」様で開催され、じゃみらがワインのセレクションとサーヴィスを担当させて頂きました。
テーマは「鳥料理と合わせるワイン」。

「ワイン・メニュー」

①NV クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット・ポール・ショレ(クレマン・白)

ミネラリーで、キリッとした辛口。酸のキレが良く、アフターもすっきり。
前菜の「牡蠣の白和え」とピッタリでした。

②08年 ブラッシュ・ピノ・グリージョ・サルタレッリ(イタリア・ブラッシュ)

淡い桜色。程よい酸味とほのかなタンニンが「とりわさ」のわさび醤油にも合わせることが出来てOK。

③97年 ブルゴーニュ・ブラン・レノメ・ルモワスネ(ブルゴーニュ・白)

スモーキーで上品なタル香。酸がしっかりとした佳品。ヴィンテージからは信じられない味わい。相変わらずのルモワスネ・マジック。

④06年 クローズ・エルミタージュ・ブラン・ギガル(ローヌ・白)

厚みのある酸と華やかでスパイシーな香り。山椒の効いた「レバー」との相性抜群。

⑤07年 ブルゴーニュ・ピノ・ノワール・ドメーヌ・フーリエ(ブルゴーニュ・赤)

タル香がスモーキーで。タップリの酸と目の詰まったタンニン。まだ若く、バランスは取れていないがポテンシャルは
充分。この若さが「砂肝」によく合います!

⑥02年 サヴィニ・レ・ボーヌ・オー・グラン・リアル・シモン・ビーズ(ブルゴーニュ・赤)

鉄、血、の香り。なめらかな酸。しかし、かすかにブッショネの香りが・・・。

⑦99年 クオラム・ハスタエ・バルベーラ・ダスティ(イタリア・赤)

アタックに甘み。タンニンと酸が丸くなり始めているが、スケールが大きくて、まだ若さ感じる。あと5年の熟成が必要かと。

⑧05年 ヴィラ・アンティノーリ・トスカーナ(イタリア・赤)

「チャボ」ご主人の差し入れワイン。若くてジューシー。タニックで酸も十分。まだ固く開かず。デキャンタージュが必要ですね。

P1030772.jpg
P1030773.jpg
P1030775.jpg
P1030776.jpg
P1030777.jpg
P1030778.jpg
P1030779.jpg
P1030780.jpg