fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

静岡おでんツアー
2009年6月28日(日)じゃみらの大学ゼミOB・OG(1期上と1期下)10名が各地より静岡駅に集合。静岡おでんをメインとしたツアーの開始です。

まずレンタカーで向かったのは浜岡原子力館。約1時間、原発を学習。巨大装置産業の仕組みが分かりやすく展示されてはいましたが、内部構造を知るほど、東海地震の予想震源域の真上に原発が位置する事の恐ろしさを実感。黒澤明監督の「夢」が現実とならないことを祈るばかりです。

昼食は予約しておいた「みはる」へ。
御前崎灯台から直ぐの海鮮料理店で、じゃみらがネットで見つけた人気店。お昼時で店内は満席。
3,000円・飲み物別のコース料理を約2時間で満喫。刺身の鮮度、魚の煮付け等どれもヴォリューム、味わいともに十分満足できました。
http://www.at-s.com/bin/guru/GURU0040.asp?yid=F916586574

雨天のため御前崎観光を中止して静岡へ。
メンバーから「野桜本店」で土産の山葵漬けを買いたいとのリクエストがあり、静岡インターから「野桜本店」へ向かう途中で、じゃみらオススメの山葵漬けの製造元「田尻屋」へ寄り道。
多分売り切れですでに閉店していると思いきや、何と営業中ではないですか!

その後「野桜本店」にも立ち寄って、お土産をゲット。さてどちらの山葵漬けがお好みか、メンバーに後日のレポートをお願いしました。
http://www.at-s.com/bin/guru/GURU0040.asp?yid=A172228369

じゃみらの個人的な好みは「田尻屋」で、次点が「野桜本店」です。
田尻屋のあの強烈な、でも爽快な辛さは病み付きになりますねー♪。

レンタカー返却後、16:30からの貸切で予約しておいた「青葉おでん街」の「愛ちゃん」へ。
「愛ちゃん」は昨年6月、50年営業した先代から引き継いだ松本さんご夫妻が2代目として営業しているお店です。
本来ならじゃみら行きつけの「たこ八」(青葉横丁)にメンバーを案内するところですが、日曜定休なので今回は「愛ちゃん」にお願いしました。


静岡人のソウル・フードともいうべき「黒はんぺん」のフライからスタート。大根、厚揚げ、なると、ちくわ、大根、男爵芋、メークイン、牛すじ、ロマンス、糸こん、昆布、玉子、ごぼう巻き、黒はんぺん等々今回目的の静岡おでんを満喫。

17:50に「愛ちゃん」を退店。
雨上がりの夕空の下、静岡駅まで散策。
懐かしい顔ぶれが集まった「静岡おでんツアー」も無事終了。お疲れ様でした。

黒はんぺんのフライ
P1030380.jpg
だしは50年の歴史あり
P1030381.jpg

スポンサーサイト