fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

2008 ボジョレ・ヌーボーを楽しむ会
2008年11月23日(日)La Tazza(@静岡市葵区人宿町)さんを会場に、BUONO BOUNOさん主催のボジョレ・ヌーボーを楽しむ会が開催され、じゃみらもサーヴィス兼講師で参加。今年で6回目となる楽しいパーティーです。各2本ずつ抜栓しました。

「ワイン・メニュー」

①08年 ヴァン・ヌーボー・ブラン・ティエリー・ピュズラ(ロワール・白)

うすいニゴリ有り。口中でガス。かすかな苦味。やさしくきれいな味わいに参加者から「おいしいー!」
毎年期待を裏切らない実力はサスガですね。

②08年 マコン・ヴィラージュ・ヌーボー・テール・セクレット(ブルゴーニュ・白)

フレッシュな柑橘系の香り。口中でガス。心地よい苦味。きれいでクリーンな味わい。

③08年 ボジョレ・ロゼ・ヌーボー・ドメーヌ・リュエ(ボジョレ・ロゼ)

明るい輝きの有る濃い目のピンク。グロゼイユの香り。キレのある辛口。あまりにきれいすぎてやや物足りない印象も。

④08年 ボジョレ・ヴィラージュ・プリムール・ラパン(ボジョレ・赤)

色は薄め。ガス感じる。香りがスモーキーでスパイスも。エチケットの「こうさぎ」の様なチャーミングなワイン。香りが開くまで時間が必要。

⑤08年 ボジョレヌーボー・マルセル・ラピエール(ボジョレ・赤)

かなり濃い色調。今回の中で一番「らしい」ヌーボー。アタックに甘み感じ、誰にでも評価される味わいだと思いました。

⑥08年 ボジョレ・ヌーボー・ルー・デュモン(ボジョレ・赤)

抜栓直後は香り開かず、味わいも繊細ではあるが、パワー不足の感。しかしグラスで30分で開き始め、最後まで開き続けていました。

⑦08年 ボジョレ・ヴァン・ド・プリムール・フィリップ・パカレ(ボジョレ・赤)

香り閉じていて、アタックに甘み感じるものの、味わいも開かず。30分で香りの華やかさが少しずつ出てくる。時間が掛かる1本ですね。

⑧08年 ボジョレ・プリムール・ルロワ(ボジョレ・赤)

黒に近い濃い色調。これも香り、味わい、ともに固く開かず。60分でようやく香りが出てくるが・・・。
とてもヌーボーとは思えない濃さは、相変わらずでした。

⑨07年 ボジョレ・ヌーボー・ジャン・フォワイヤール(ボジョレ・赤)

番外で、じゃみらのセラーで1年間熟成させた07年ヌーボー。香りは十分開いていて、実に華やか。酸なども十分で、美味しく戴けました。ブラインドなら通常のボジョレ・ヴィラージュ・クラスで通用しますね♪。

今年は、以前のように同時に2本開けたボトルの差は感じ取れませんでした。
08年は例年に比べ、全体に酸が固く、香りの開き方も遅いようです。やはり天候には勝てなかったようです。
P1020372.jpg
今年も楽しいお仲間が集合!
P1020370.jpg
スポンサーサイト



第8回 61の会
2008年11月13日(木)プティ・レガル(@浜松市)で開催の8回「61の会」に参加。1961年生まれのメンバーが各自61年ワインを持ち寄ってのワイン会。じゃみらは61年産ではないのにも関わらず、第5回を除き参加させて頂いています。

「ワイン・メニュー」

①61年 ビネ・ブリュット(シャンパーニュ・白)

コルクはやせて既に弾力を失い、ボトルにささっているだけの状態(!)。輝きのあるややくんすんだゴールド・イエロー。液面も下がり気味。口中でほんのかすかに泡を感じる。アーモンドの香り。味わいは非常にドライ。酸はまだ十分残っている。アルコール感もしっかり。アフターも上品できれい。熟成した上質のシェリー(フィノ or アモンティリヤード)に極めて近い。旨いね!

②61年 ヴォルネイ・MARTIN・DE・MONNTAIGU

エッジがオレンジ。健全な色調。レッグとても長い。土、タバコ、スモークチップ、鉄、血の香り。繊細だがまだパワー感じる。足は早そう → 2時間後にミント。でもまだ構成は崩れていなのには!!

③61年 ニュイ・サン・ジョルジュ・レオン・ボッケ

コルクが斜めに入っていてビックリ。結構新しいのでリコルクの可能性大。オレンジがかったガーネット。健全な色調でまだ若さ感じる
やや酸が厳しいが、まだOK。これも足が早そう → 2時間でチョコレート、ココアの香り。寿命は意外と長い。

④61年 シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト(ポイヤック・4級)

会場到着が前日!?。エッジまでしっかり色が入った濃い目のガーネット(黒に近い)。
土、鉄、スーボワ。味わいはバラバラで構成が崩れてしまっていて残念。評価不能。

⑤61年 シャトー・バタイエ(ポイヤック・5級)

エッジまで色が入った、輝きと深みのあるガーネット。きれいに熟成したスーボワ。シルキーでなめらかな味わい。バランスが素晴らしい! → 1時間でコーヒー、モカの香り。

⑥61年 シャトー・ローザン・ガシー(マルゴー・2級)

10日前に宅急便で到着!?。かすかにニゴリ有り。甘くきれいに熟成した香りが心地よくグラスに広がる。しかし味わいはバラバラ・・・。状態が良ければかなり期待できたボトルでしたが残念。これも評価不能。

アーベントの山田ソムリエが不在で、細川ソムリエが代打で登場。しかしサーヴィスはパーフェクトでお見事でした。プロの仕事は見ていて気持ちが和みますね。

黒豚と茸のリエット
P1020344.jpg
気仙沼産牡蠣 甘エビのジュレを添えて
P1020346.jpg
甘鯛のポワレ タップナードとパプリカのソース
P1020347.jpg
フランス産 仔羊の赤ワイン煮込み
P1020348.jpg
クリームブリュレと三ケ日みかんのソルベ
P1020350.jpg
シャンパーニュはこんな色調でした
P1020343.jpg
P1020349.jpg
モンマートつかもと 08年10月ワイン会(第91回)
2008年10月25日(土)HANA-HANA本店@静岡市葵区七間町を会場に、当店10月ワイン会(第91回)を開催。テーマは「86年 ボルドー水平」です。

「ワイン・メニュー」

①86年 ブリュット・レゼルブ・スペシャル・ブラン・ドブラン・R・ルノーダン(シャンパーニュ・白)

輝きのあるゴールドイエロー。泡は細かく持続性長い。トップにシェリー(フィノ)香。きれいに熟成した落ち着きのある味わい。酸はまだ十分に残っている。液面も高く、全く健全なボトル。もうしばらくはこのままでピークを保ちそう。

②05年 ニュイ・サン・ジョルジュ・ブラン・ラ・ジェルボット・ドメーヌ・ラルロ(ブルゴーニュ・白)

上品なタル香がタップリ。酸と果実味の厚さを感じさせる、インパクトのある味わい。若いが、今飲んでもそれなりに楽しめる。美味也。

③04年 ピュリニー・モンラッシェ・クロ・デ・ラ・ムーシュ・ジャン・ボワイエ・マルトノ(ブルゴーニュ・白)

複雑な香り。上品なタル香。まだ若く酸がしっかり。グラスではついに開かずじまいでした。

④86年 シャトー・バタイエ(ポイヤック・5級)

やや濃い目のガーネット。香りはスーボワ。時間とともに鉄、血、の香り。果実味が失われかけていて、酸も厳しい。ピークは既に越しているようです。

⑤86年 シャトー・デュアール・ミロン(ポイヤック・4級)

この色調の濃さは??。鉄、血、土、の香り。味わいにも異様な若さを感じる。リコルクの可能性大ですね。

⑥86年 シャトー・ベイシュヴェル(サン・ジュリアン・4級)

エッジまでしっかり色が入った濃い目のガーネット。デキャンティングの最中から、素晴らしい香りが広がる。スーボワだが、時間とともに香りが重層的に開いてゆく。アルコール感しっかり。滑らかな液体が喉を滑り降りてゆく。まだまだ熟成しそう。ブラヴォー!!

⑦86年 シャトー・ランシュ・バージュ(ポイヤック・5級)

ミント、ハーブ、鉄、血。熟成香あるがスーボワではない。まだ若さ感じ、かなり長命。

⑧?? ブラインド(白)

正解は「00年 ムルソー・レ・メイ・シャヴォー・トロワ・アン・フェ・ドメーヌ・ド・マクマホン」
トップにプラスチック様の香り感じる。酸がやや少ない。時間とともにシャルドネらしさが出てくるが・・・。
参加者の回答は
「NEWorOLD」 NEW6名、OLD2名
「品種」 甲州1名、セミヨン2名、PASS5名
「国名」 フランス2名、オーストラリア3名、カリフォルニア1名、チリ1名、日本1名
「年号」 06年1名、05年2名、04年3名、00年1名、98年1名

今回の正答者はOLD2名、フランス2名、00年1名、と低率。しかし問題にクセが有りすぎて、あまり良いブラインドではありませんでした。じゃみらもNEWと答えていたと思います。

初参加のMさんご夫妻を含め、9名での楽しい会となりました。メンバーの皆様にお礼申し上げます。
しかしベイシュヴェルは美味しかったナァー♪。
P1020239.jpg
P1020243.jpg
P1020244.jpg
P1020245.jpg
P1020246.jpg
P1020247.jpg