fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

モンマートつかもと 2008年7月ワイン会(第89回)
2008年7月19日(土)HANA-HANA本店@静岡市葵区人宿町を会場に当店7月ワイン会(第89回)を開催。今回のテーマは「06年 フィリップ・パカレ水平」です。
リリースされたばかりの2006年パカレは、5月に全アイテムを試飲済みですが、それ以後の味わいの変化が楽しみです。

「ワイン・メニュー」

①06年 サン・トーバン・1er・アンレミー・フィリップ・パカレ(白)

気温30℃以上の中、汗をかきながらお集まり頂いたメンバーに、やや低めに設定したさわやかな白ワインが大好評!スタートには最適の1杯となったようです
グリーンがかった淡いイエロー。かすかなタル香。切れのよい酸とミネラル感が心地よい。

②06年 ムルソー・フィリップ・パカレ(白)

テリの強い濃い目のイエロー。香りは閉じている。アタックに甘み。タンニン感じる、酸の厚み十分。
時間の経過と温度上昇により、香りが開き出して、膨らみのある果実香がどんどん出てくる。
会の最後(3時間後)でもまだ香りは発展途上でした。

③06年 ピュリニー・モンラッシェ・フィリップ・パカレ(白)

グレーがかったやや濃い目のイエロー。白い花、赤いリンゴ、ミネラル、ヨーグルトの香り。1時間後に
香り、味わいとも全開に。今飲んでも十分に楽しめそうです。

④06年 ポマール・フィリップ・パカレ(赤)

紫がかった濃い目のガーネツト。上品なタル香、鉄、血、の香り。タンニンがやさしく、滑らかな口当たり。前回の印象は「固い!」だけでしたが、今回はかなり丸くなっていました。

⑤06年 ボーヌ・1er・ショアシュー・フィリップ・パカレ(赤)

タル香、獣臭、なめし皮の香り。酸がおだやかでアタックに甘み。非常にバランスの良い1本。今飲んでOK。

⑥06年 シャンボール・ミュジニ・フィリップ・パカレ(赤)

紫がかった濃い目のガーネット。なめし皮、赤い果実、上品なタル香。アルコール感しっかり。アタックに甘み。上手く造られたブル赤の典型ともいえるバランスの良さ。実に旨し。今すぐに楽しめる佳品。

⑦06年 ジュブレ・シャンベルタン・1er・ラヴォー・サン・ジャック(赤)

濃い目のガーネット。ミネラル、鉄、血、土っぽい香り。香りはやや閉じ気味で単調。酸はタップリだが果実味とのバランスが取れていない。5月時点の方が香り、味わいともに開いていました。しかし構成が緻密で熟成のポテンシャルは十分に感じ取れます。

⑧06年 リュショット・シャンベルタン・フィリップ・パカレ(赤)

深い色調のガーネット。デキャンターからも素晴らしい香りが溢れてくる!
気品ある果実香とタル香が一体となってグラスに充満。バランスの良さが球体をイメージさせる。巨大なバルーン・グラスにふさわしい1本。ブラヴォー!!!

今回は⑦を除き、5月時点よりも香り、味わいともにバランスが取れていました。
(やはり通関直後・輸送後直ぐの試飲はキビシイですね)。
06年のパカレはどれも非常に出来が良く、熟成が楽しみなヴィンテージとなりそうです。05年よりも早くから楽しめてお買い得のようです。
スポンサーサイト



Fさん宅でのワイン会 第2回
2008年6月28日(土)、2回目となるFさんご自宅での持ち寄りワイン会にお招きいただきました。
今回のワインのテーマは「カリフォルニア」です。

「ワイン・メニュー」

①98年 J・シュラム・シュラムズバーグ(泡・白)
②NV  エトワール・ドメーヌ・シャンドン(泡・白)
③99年 キスラー・ヴァイン・ヒル・ヴィンヤード(白)
④04年 カレラ・リード(赤)
⑤01年 ベリンジャー・カベルネ・ソーヴィニョン(赤)
⑥01年 スタッグス・リープ・FAY(赤)
⑦01年 オーパス・ワン(赤)

今回もFさんご夫妻の素晴らしいおもてなしに時間の経つのを忘れてしまい、気が付けば曜日が変わる直前。7名でのゆったりとした時間を堪能致しました。
有難うございました!

P1010804.jpg
P1010805.jpg
P1010807.jpg
P1010808.jpg
P1010809.jpg
P1010810.jpg
P1010811.jpg