fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

E社試飲会
06年2月23日(木)「E社ワイン試飲会」@東京に参加。
約150アイテムを3時間30分でテースティング。
出品は200アイテムですが、さすがに全てを試飲するのは時間的にも、テースティング能力からも無理です。

今回も「ブッショネ」を4本発見。150/4なので2.6%の発生率。
一般的に言われている2~3%というブッショネの発生率は、未だ改善されていないようです。
やはり、スクリュー・キャップしか無いのでしょうか・・・。
でもねぇ~。
レストランでソムリエさんが、エチケットの確認後、おもむろに「左手でボトルの底をしっかりと保持して、右手をスクリュー・キャップの上2/3までかぶせ、リストの捻りで一気に口金を切る・・・」。

間が抜けて「絵」にならないこと、おびただしいですね。
でも一世一代の「ロマネ・コンティ」がブッショネだった!!、なんて想像するのも恐ろしい事態も有り得るわけですから。

最後に有料試飲で
「02年 オーパス・ワン」
「98年 ブルネロ・ディ・モンタルチーノ・カーゼ・バッセ」
にトライ。オーパスの美味しさに驚き、カーゼ・バッセが「スカ」だったことにさらに驚きました。

帰りの新幹線は「三島」までは記憶にあったのですが、気がつくと何故か「浜松」。
最後の2杯が効いたようです。
スポンサーサイト



昼は蕎麦。
今日の昼食は、妻と2人で近所の蕎麦屋へ。
我家から徒歩2分の至近距離に、昨年11月にオープンした「栗田」さん。今回で4回目となります。
まるで「ブティック」と間違えそうな「白」を基調にしたインテリア。器も白の磁器。カウンターも白木で、隅々まで清潔感が漂う空間。

静岡の「くろ麦」で修行したという若い店主が打つ蕎麦は、未だ未完成ながら、香り・喉ごし・たたずまい、は「くろ麦」を超えているのではと思わせる美味しさです。(「くろ麦」は3代目の現店舗より、2代目のガード下の店舗の方が好みでした。じゃみらは、安西橋たもとの初代店舗からのファンです)。

応援したくなるお店ですね!
06年2月モンマートつかもと ワイン会
06年2月18日(土)HANA-HANA本店を会場に当店2月ワイン会を開催。今回のテーマは「78年 ボルドー水平」。

「ワイン・メニュー」

①NV ブルーノ・パイヤール・ブリュット(シャンパーニュ・白)

フレッシュで生き生きとした味わい。ミネラリーで、アフターもスッキリ。

②01年 ブルゴーニュ・ブラン・ドメーヌ・ルフレーヴ(白)

トップにタル香。酸の厚み十分。アフターに苦味。それほど複雑味は無いが、パワー感じる。

③78年 シャトー・ポンテ・カネ(ポイヤック・5級)

エッジまで色が入ったガーネット。香りはOK。酸がメタリックで厳しい。果実味も落ちている。グラスに10分でドロップ。

④78年 シャトー・ランシュ・バージュ(ポイヤック・5級)

エッジまで色が入ったガーネット。アタックに甘み感じる。色々な要素が入った複雑な味わい。まだ熟成しそう。グラスに20分でドロップ。

⑤78年 シャトー・ベイシュヴェル(サン・ジュリアン・4級)

エッジまで色が入ったやや淡いガーネット。香りはスーボワ。酸が落ちかけでやや厳しい味わい。

⑥78年 シャトー・ブラーヌ・カントナック(マルゴー・2級)

エッジまでしっかり色が入った深みのあるガーネット。香りはスーボワ。酸が立っており、わずかだが熱劣化を感じる。

⑦78年 シャトー・モンローズ(サン・テステフ・2級)

エッジまでしっかり色が入った深みのあるガーネット。上品なタル香が心地よい。酸・果実味ともに落ちかけ。ピークを折り返して、下り坂の
半ば辺りでしょうか。

③~⑦の78年は、どれも香りはOKなのですが、果実味が落ちているものが多く感じられました。
ボトル・コンディションの可能性が。
別の機会に再度検証する必要がありそうですね。

料理は花畑シェフの見事な腕前による、素晴らしいプレートの数々に一同大満足!
参加メンバーの年代が近いこともあり、ちょっとオールドな話題で大いに盛り上がってしまい、3時間はあっという間でした。
ご参加頂いた皆様、シェフはじめスタッフの皆様にお礼申し上げます。

「料理メニュー」

①姫さざえと地はまぐりのファルシー
②ビーツのサラダ ガトー仕立て
③甘鯛のポワレ セロリのソース
④ブッフ・ブレゼ きのこのクリームとパスタ
⑤デセール ブランマンジェ
⑥エスプレッソ



2月ワイン会のワイン

姫さざえと地はまぐりのファルシー

ビーツのサラダ ガトー仕立て

甘鯛のポワレ セロリのソース

ブッフ・ブレゼ きのこのクリームとパスタ

デセール ブランマンジェ

カプチーノ

はい!フロマージュ


雪遊び
06年2月11日(土)「イエティ」@裾野市に家族3人で雪遊びに行ってきました。
現地に10:30到着。連休とあってチケット売り場にはものすごい行列。入場チケット購入まで約100分。トイレも女性は20分待ち、という有様。
入場したらすでに12:00近くでした。
来場客の整理には問題アリですね。

それでも、ソリすべり、雪合戦、雪だるま造り、等を楽しんできました。天気は快晴で風もない穏やかな日和。

昼食はレストランの大混雑を予想して用意していったおにぎりとカップ麺。雪上で入れたコーヒー(レギュラー・コーヒーと陶製のマグカップも持参)が美味でした。

息子はソリ遊びに夢中で、斜面を何回も往復。良く疲れてくれて(?)
帰りの車ではグッスリ。

そり遊び


音楽あそび発表会
06年2月8日(水)「AOIホール」で幼稚園の「音楽あそび発表会」。仕事をパスして、親子3名で会場へ。

息子の年中さんのクラスは、様々な打楽器とハーモニカでの演奏を披露。よくぞここまで、仕込んでくれたものだと感心。
幼稚園の先生って「エライ!」と思わずにはいられません。

会場には「オトーサン」の姿もチラホラ見え、ビデオ、写真撮影に余念がない様子。
じゃみらもデジカメの望遠でトライしましたが、いずれもピンボケで使い物にならず。
デジタル一眼レフの購入を検討中です。
ワイン試飲160アイテム
06年2月7日(火)「M社」ワイン試飲会@東京に妻と2人で参加。
10:40~13:30の約3時間で「160アイテム」を試飲。
かなり疲れました。

「これは!」と思えるワインがなかなか見つからず、さらに疲労困憊。
妻も同意見。

全て吐き出してはいても、舌や上顎からアルコールが吸収されるので、帰りの新幹線では2人とも夢の中。

乗車前に東京駅構内の「ほんのり屋」でおにぎりを購入。
「おかか」@150円、「塩むすび」@120円、「辛子明太子」@160円。

このお店はオープン時からの「マイ・ブーム」で、東京出張時には必ず
立ち寄っています。
特に「塩むすび」は絶品ですね!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

東京日帰り
06年2月2日(木)同業者の新年研修会で東京に日帰り出張。
品川で途中下車して、駅至近のワインショップ「E○○○○○○」へ。
カウンターに「2月28日をもって閉店」のお知らせ。
家賃が高そうだからなー。

研修会後のパーティーでワイン25アイテム試飲。
特に気になる物無く残念。
赤のブッショネ2本、コンディション不良1本を発見。ボトルを代えてもらう。かなりの確率に驚く。
息子の発熱!
この3日間何となく調子が悪かった息子(5歳・幼稚園・年中組)が31日の朝、ダルそうなので検温すると38.5℃。

幼稚園には休園をTEL。直ぐにかかりつけの小児科を受診。診断は「ウイルス性胃腸炎」。
発熱、嘔吐、下痢、脱水症状が主訴の感染症です。

親にも感染の恐れがあるので、手洗いとマスクを勧められたと言いながら妻と息子が帰宅。
「スポーツドリンク」と「麦茶」以外は夜まで禁止とのお達し。
実際に息子は「水」を飲んでも戻してしまう状態。

ようやく夜になって少しだけゴハンを食べることが出来るようになり、一安心です。