fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

モンマート04年8月ワイン会ーその②-
「その①」からの続きです。

⑥予想通りの「若さ」。香りは結構華やかだが、味わいがフラットで、構成要素がバラけている。泡の量の盛大さに驚く。今はただ「フレッシュ」のみ。

⑦こちらもまだ「若い」。先月のワイン会で開けた93年の方が、現時点では飲み頃に近い。酸と果実味が口中で膨らまない。潜在能力の高さは充分感じられるので、熟成に期待したい1本。

⑧かなり濃い目のイエロー。香りにはたしかに「サロン」らしさは感じられるが、味わいが予想以上に「丸く」驚く。いつものスチールのような酸がなく、らしくない熟成した味わい。コルクは正常。ボトル・コンディションかも?

⑨濃い目の黄金色。しっかりとした酸に裏打ちされた上品で濃厚な甘味。トロピカル・フルーツやアンズの香り。アフター長く、心地よい苦味が残る。熟成感もあり今から数年は飲み頃が続くように思われる。「イケム」の隣人の実力は侮れません。パーカー93点は納得のスコアだと思いました。

今回は本数も多く、初参加のメンバーお二人のコメントなどで大いに盛り上がってしまい、気が付けば22:00。
毎度のことながらHANA-HANAさん、遅くまでスイマセン。
シャンパーニュ、一挙8本はエキサイティングな経験となりました。
でも、暑い時期の「泡」って、やはり美味いですね!



スポンサーサイト



モンマート04年8月ワイン会ーその①-
04年8月21日(土)HANA-HANA新静岡センター店を会場に、当店8月ワイン会を開催。今回のテーマは、毎年8月恒例の「シャンパーニュ特集」。
今回は人数が増えて10名になったので、ワインも2本追加。シャンパーニュ8本、ソーテルヌ1本の計9本を楽しみました。

「ワイン・メニュー」
①NV  ミッシェル・マイヤール・ブリュット(白)
②NV  キュヴェ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット・J・ラサール(白)
③NV  キュヴェ・ロゼ・レゼルブ・グラン・ダーネ・ブリュット
     J・ラサール(ロゼ)
④96年 スペシャル・クラブ・ブリュット・J・ラサール(白)
⑤NV  ユ・ジ・ド・1911「アンジュール・ド・1911」
     アンドレ・クルエ(白)
⑥97年 クリスタル・ルイ・ロデレール(白)
⑦95年 キュヴェ・ドン・ペリニョン(白)
⑧90年 サロン(白)
⑨83年 シャトー・レイモン・ラフォン(ソーテルヌ・白)

①のマイヤールは04年からエチケットのデザインが変更になり、かなりシンプルに。ところが、味わいの方は以前のボトルに比べて明らかに向上していました。それこそシンプルな味わいだったものが、味の幅が感じられ、酸味のバランスが格段に良くなり、アフターも長め、といいことづくめ。以前よりさらにコスト・パフォーマンスに優れた1本(当店売価2,850円・税抜き)に変身していました。

②アタックにかすかな甘味。キリリとした辛口だが、ドライ過ぎることなく
バランスの良い口当たり。酸のヴォリュームが豊かで、いかにもブラン・ド・ブラン、という印象。アフターは長めで、苦味残る。コルクがかなりやせていましたが、全く健全な味わいに一安心。

③グラスに注いだ瞬間、あまりに淡いピンクの色調(ほとんど濃い目のイエロー)に驚く。明かりにグラスをかざすと、ほんのりとピンクが分かる程度。
しかし、味わいにはしっかりとピノのイメージを感じる。熟成感のあるドライ
で、ボディを感じる味わい。アルコール感強い。

④やや濃い目のイエロー。第一印象は「ドン・ペリニョン?」と思わせるようなボディの膨らみとアフター。参加者の評価が高かった1本。
価格が半分で、ドンペリ的なボディを楽しめる(?)コスト・パフォーマンスの高い1本でした。

⑤珍しい「ブラン・ド・ノワール」。酸が豊かで、香りも重く、落ち着いた印象。味わいはどっしりとしたヘヴィーなもの。まだまだ熟成しそう。

長いので「その②」に続く。



「城の会」04年
04年8月14日(土)静岡市立城内中学校、昭和46年卒業生同期会「城の会」が4年ぶりに開催。当時の先生方(6名)を含め90人を超す同期生が集まりました。
前回から4年ごとにオリンピックの年に集まろう!ということで「アテネ・オリンピック」の今年の開催となりました。

幹事から、2次会のアトラクションで「何かワインを使った出し物を・・・」との依頼で、簡単なテースティングとワインに関するクイズで、賞品のワインをゲットするというゲームを企画。店主が進行係で2次会の冒頭を担当。
参加メンバーは52名という「大ブラインド大会」となりました。

「ワイン・メニュー」
<白ワイン>
①02年 コースタル・リッジ・シャルドネ(カリフォルニア)
②98年 クロ・フロリデーヌ(グラーヴ)

<赤ワイン>
①02年 ラ・カピーリャ・カベルネ(チリ)
②95年 CHラ・フォリ・メゾン・ヌブ(ラランド・ポムロール)

まず白ワインを2種類用意して、参加者に2つのグラスの比較をしてもらいます。その上で①どちらがより熟成しているか? ②どちらが価格が高いと思うか? という2問に解答してもらいます。
赤ワインも同じ設問で、合計4問のブラインドに挑戦してもらいました。

白ワインのヴィンテージ差は4年、価格差は3倍。赤ワインのヴィンテージ差は7年、価格差は3.5倍です。

サドンデス方式の勝ち残りで、4問終わった段階で13名が全問正解。
ここからは、ワイン・クイズで2名まで絞り込んで行きました(賞品のワインは2本用意)。
さらに失格者の中で、ブラインド4問中3問正解者には「残念賞」として、やはり2本のワインを用意。
3問正解者は計8名。ここからはジャンケンで2名を決定。
(4問全部アウトはわずかに2名でした)

全部の予算が1人1,000円なので、ワインの選択がなかなか大変ではありましたが、同年代の参加者のワインに対する嗜好や感じ方を目の当たりにできて良い経験になりました。

予想はしていましたが、結構若いワインの方を好む参加者が多かったようですね。日頃から熟成したワインを飲む機会があまりない、ということも関係しているのかも知れません。

卒業時のクラス担任の先生に約30年ぶりにお会いできたりと、まるで32年前に戻ったような、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
しかし、同級会、同期会に一度も顔を出さないクラスメート(クラブも同じテニス部)の「O君」はどうしているのか・・・。
先生も心配されていましたが。
店主にとっては小学校でも同じクラスメートだった、一番仲が良かった友人の1人でもあるのです。

32年間の時の流れは、長いようで短いのかもしれません。



夏の花火。
04年8月1日(日)、台風の影響で一日順延となった「安倍川花火大会」の当日。

朝から花火大会の開催を告げる先触れの花火が「ドン、ドーン」と聞こえていました。実は店主、静岡育ち(生まれは清水)にもかかわらず「安倍川花火大会」を見た記憶がないのです。

中学、高校時代のこの時期、一体何をしていたのか、今となっては記憶は霧の中(静岡市内の10代の生徒にとっては、夏の一大イベントなのですが・・・)。

例年開催日が土曜日で、店を開けている都合上、時間的な余裕がないということもあり、いつもは遠くに聞こえる「音だけの花火大会」でした。

それが今年は台風の影響で順延。
朝からの快晴に、1人息子の「健太郎」(3歳9ヶ月)と午後4時近くまで
近くの「清水公園」と「谷津山」でセミ取りや砂場遊び。
帰宅して一緒に入浴。早めの夕食を家族3人で済ませ、寝かしつけた後ホーム・ページの更新でもと、事務所のパソコンに向かったのが20:00。

さてさてと、パソコンを立ち上げた途端、内線のインターフォンからのコール。受話器を挙げると「パパ、安倍川花火に行きたい・・・」という息子(熟睡していたはず!?)の声が・・・。

10分後には、チャイルド・シートに息子を乗せて花火へとひた走る、自転車のオトーサンになっていました(花火は21:00まで。急げ!)。

「本通り」を「弥勒橋」の手前500mぐらいの所まで走ったあたりで、花火見物に絶好のポイントを発見。そこで約30分間、見事な花火の競演を鑑賞。シメの特大の「尺玉」が夜空に消えてゆくのを見届けてから、半分眠りかけの息子を励ましながら、帰宅。

間近で見る花火の音と大きさに、親の方が興奮してしまいました(^^;)。

やはり夏の夜の花火は風情があって良いですね。
「ドーン」という音とともに、魂がフワリと軽くなるよう気がしませんか?


04年7月モンマート・ワイン会
04年7月31日(土)「HANAーHANA新静岡センター店」を会場に当店7月ワイン会を開催。
今回はテーマは特に設けず、暑い時期に合いそうなワインを楽しもう、ということで、赤はカリフォルニアを中心にワインを選んでみました。

「ワイン・メニュー」
①93年 ドン・ペリニョン(シャンパーニュ・白)
②00年 ピノ・グリ・マルク・クライデンヴァイス(アルザス・白)
③99年 ムルソー・ペリエール・アルベール・グリヴォー(ブル・白)
④01年 サンフォード・ピノ・ノワール・バレル・セレクト
     (カリフォルニア・赤)
⑤96年 ピノ・ノワール・リザーブ・ロバート・モンダヴィ
     (カリフォルニア・赤)
⑥82年 ジョルジュ・ド・ラトゥール・カベルネ・ソーヴィニョン
     ボーリュー・ヴィンヤード(カリフォルニア・赤)

①まだ若い。泡が細かく、量も盛大。ボディの厚みは感じる。骨格のしっかりとしたワイン。酸の量も充分で、熟成が期待できそう。但し過去のビッグ・ヴィンテージと比べれば、やや小粒の感は否めないところ。

②アタックとアフターに甘味を強く感じる。サーヴィス温度を10℃以下にしたほうが良さそう。ボディがかなり厚く、ふくよかなイメージ。「フミオ」さんは「アフターが、味覚糖の純露を舐めた後の感じに似ている」と表現されましたが、店主もそれを聞いて「それだ!」と納得。
しかし「ピノ・グリ」って「シャルドネ」との区別が難しいですね。

③まだ固く閉じていて、フラットな香りと味わい。タル香、わずかにミントの香りも。アフターに苦味残るが、余韻がほとんど感じられない。
飲み頃は相当先のようです。

④いかにも「カリ・ピノ」の香りと味わい。温暖な地方のピノのイメージ。アメリカンチェリーの香り、焦がしたタル香。味わいはやや「しょうゆ」的で「塩味」も感じる。分かりやすい味ですね。

⑤色調はそれ程でもないが、香りと味わいに熟成を感じる。酸がやや突出し始めている。ボディの厚みがなく、やせた印象。アフターがなく、後ろ半分が欠けているような味わい。もう少し早く飲んだほうが良かったかも・・・。

⑥ショルダーは完璧(コルク下端から1.5cm)。コルクが新品同様なので、出荷時にセラーでリコルク。香りはかなり熟成が進んだ印象。スーボワ、漬物(古漬けの梅干)。
味わいも酸が浮いていて、ピーク・オーバーは否めない。ボトル・コンディションの可能性もあり、もう1本試してみたいところ。