fc2ブログ
じゃみらのワイン日記
静岡市から、ワインを中心とした「食」に関する情報と日々の雑感を日記形式で伝えてゆきます。
プロフィール

じゃみら

Author:じゃみら
静岡市在住。家族構成は妻と一人息子の家族3名
(趣味)
読書、釣り
(スポーツ)
テニス、スキー
(生い立ち)
★静岡県清水市に生まれる。
★小学6年春に静岡市に転校。
★高校卒業まで静岡市で過ごす。
★大学進学で東京へ。
★大学卒業とともに東京で就職。
★以後28歳まで東京で暮す。
★28歳で帰静。
★以後現在に至る。
(ハンドル・ネーム)
初代ウルトラマン「怪獣・ジャミラ」は当時の小学生の心に強い印象を刻みました。*アラビア語では「美しい」という意味があるそうですが・・・。








   

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

02年12月モンマートつかもと ワイン会
2002年12月21日(土)18:30より、「HANA-HANA]新静岡センタ-店様を会場の当店12月ワイン会を開催。今回のテ-マは「75年ボルド-飲み比べ」。

「ワイン・メニュ-」
①93年 キュヴェ・ドン・ペリニョン

きめ細かな泡の量と持続時間に驚く。まだピチピチ。フレッシュながら味わいの奥行きも感じられ、さすが。

②97年 ピュリニ-・モンラッシェ・クラヴォワヨン・ルフレ-ヴ

こちらも酸が生き生きとした、若さあふれる味わい。タル香充分。まだ固さを感じ、もう少し置いてから楽しみたいところ。

③87年 ピュリニ-・モンラッシェ・コンベット・ロベ-ル・アンポ-

11月のヴィアンヴィニュ-に続き、またまたハズレに当たってしまいました。ややブッショネを感じ、酸化のニュアンスが強く出ていて×。スペア・ボトルを持ってきたのですが、なんとこちらも1本目ほどではないにしろ×。
ブル白は難しいですね。

④75年 シャト-・パルメ

熟成が進み、ピ-クを過ぎて下り坂に入りかけたかな、という印象。色調もオレンジが強い。デキャンタ-ジュして15分で香り、味わいとも落ち始める。しかし後の⑤⑥と比較さえしなければ、充分に古酒として楽しめる、良いコンディション。
熟成香、紅茶、湿った土。タンニンしっかり。

⑤75年 シャト-・オ-・ブリオン・ル-ジュ

デキャンタ-からもきれいに熟成した香りがあふれ、グラスに注ぐ前からニッコリ。ス-ボワを感じさせながらもまだ果実味充分で酸もしっかりしていて非常に
良い状態。前回(約1年前)に飲んだ時と比べてもボトル差は無く、一安心。
パワ-あり、まだまだ熟成が期待できる。


⑥75年 シャト-・ラトゥ-ル

こちらもデキャンタ-の段階で素晴らしい香りが広がり、期待大。グラス(お店のご好意で、バル-ン・グラス使用)の巨大な空間を隙間無く埋め尽くす熟成香の
ヴォリュ-ム!! 酸、タンニン、果実味、タル香が渾然一体となり、舌の上に
なめらかに広がる。アフタ-もとても長く、きれいに消えてゆく・・・・。
75年はこれで4本目ですが、いずれのボトルも期待を裏切らず、熟成の不思議さを堪能することができました。

⑦ブラインド(白ワイン)

正解は「71年 ユルツィガ-・ヴュルツガルテン・アウスレ-ゼ・クリストフル
フェル家」ドイツ・モ-ゼルの古酒です。
32年前のワインとは思えないフル-ティ-さ(ジュ-ス・レゼルヴなし!)
酸がまだ充分残っていて、上品な甘さを支えている。アフタ-もスッキリしていて
いわゆる古酒のイメ-ジは全く感じられない。

ブラインドの答えも「ヴィンテ-ジ」は98年、97年、96年、95年、で全員
大ハズレ。(店主も到底当てられそうもありませんが・・・^^;)
「オ-ルド・ワ-ルド」「リ-スリング」「ドイツ」の3項目正解が2名。さすがの「道郎様」(当店ワイン会ブラインド正解率ナンバ-ワン)と「店主飼育係」でした。

75年は好みが分かれるところですが、店主はやはり「ラトゥ-ル」が今のところ
のベスト・ワインですね。

というわけで2002年最後のワイン会も無事終了。今回ご参加の皆様に改めてお礼申し上げます。
スポンサーサイト



第90回 ピノクラブ・ワイン会
11月25日(月)「シェ・モリヤ」@浜松で開かれたピノ・クラブ・ワイン会に
参加。「Kamo様帰国歓迎ワイン会」と言うことで、アメリカ駐在のKamo様が一時帰国されたのに合わせての、参加者ワイン持ちよりのワイン会でした。

①85年 ドン・ペリニョン・エノテ-ク
②90年 ピュリニ-・モンラッシェ・レ・ベフェ-ル・ソゼ
③90年 シャサ-ニュ・モンラッシェ・ヴェルジェ・ニ-ロン
④90年 シャサ-ニュ・モンラッシェ・マルトロワ・ニ-ロン
⑤93年 シュヴァリエ・モンラッシェ・ニ-ロン
⑥88年 シャンベルタン・エスモナン
⑦89年 リュショット・シャンベルタン
⑧87年 シャンベルタン・アルマン・ルソ-
⑨84年 CH.マルゴ-
⑩86年 デュリュクハイマ-・シェンケンベ-ル・TBA・フクセルレ-ベ

いやはや、今回もス-パ-・スタ-の目白押しで圧倒されまくりでした。
店主は①のエノテ-クの質の高さと③~⑤のニ-ロンの熟成感に魅了されました。
初めてお会いした「Kamo様」「バナナ様」のワインに対する一方ならぬ愛情の深さ、知識の深さにも脱帽です。
今回も素晴らしいワイン会に呼んでいただいた「道草」様、またご参加の皆様にお礼申し上げます。